Amazon Linux AMI:curl(ALAS-2018-995)

critical Nessus プラグイン ID 109184

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

FTPパス偽装によるNILバイトの領域外書き込み:CURLOPT_FTP_FILEMETHODメソッドを使用しているときに、libcurlがFTP URLを安全に解析していなかったことがわかりました。libcurlを使用してアプリケーションに特別に細工されたFTP URLを提供できる攻撃者は、任意の場所にNULLバイトを書き込み、クラッシュや詳細不明な動作を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-1000120)LDAP NULLポインターのデリファレンス:openldap ldap_get_attribute_ber()関数によって返された値をlibcurlが確認する方法に、NULLポインターのデリファレンスの欠陥が見つかりました。悪意のあるLDAPサーバーがこの欠陥を使用して、特別に細工されたLDAP応答を介してlibcurlクライアントアプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2018-1000121)RTSP RTPバッファオーバーリード:RTSP + RTP処理コードでcurl7.20.0~curl7.58.0にバッファオーバーリードが存在し、攻撃者がサービス拒否または情報漏えいを引き起こす可能性があります。(CVE-2018-1000122)

ソリューション

「yum update curl」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2018-995.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 109184

ファイル名: ala_ALAS-2018-995.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/4/20

更新日: 2018/8/31

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:curl, p-cpe:/a:amazon:linux:curl-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:libcurl, p-cpe:/a:amazon:linux:libcurl-devel, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

パッチ公開日: 2018/4/19

参照情報

CVE: CVE-2018-1000120, CVE-2018-1000121, CVE-2018-1000122

ALAS: 2018-995