Scientific Linux セキュリティ更新: SL7.x x86_64のglibc(20180410)

critical Nessus プラグイン ID 109447
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのScientific Linuxホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

セキュリティ修正プログラム:

- glibc:getcwd()が相対パスを返すときのrealpath()バッファアンダーフローにより、権限昇格が起こる可能性(CVE-2018-1000001)

- glibc:GLOB_TILDEによるバッファオーバーフロー(CVE-2017-15670)

- glibc:ユーザー名を~演算子で展開する際のアンエスケープ処理時に発生するバッファオーバーフロー(CVE-2017-15804)

- glibc:getnetbyname関数のサービス拒否(CVE-2014-9402)

- glibc:細工されたレコードタイプを含むDNSリゾルバーのNULLポインターデリファレンス(CVE-2015-5180)

- glibc:EDNS0が有効な場合にフラグメンテーション攻撃が可能です(CVE-2017-12132)

追加の変更:

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?262112fc

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 109447

ファイル名: sl_20180410_glibc_on_SL7_x.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/5/1

更新日: 2020/2/24

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-common, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-debuginfo-common, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-headers, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-static, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:glibc-utils, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:nscd, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/4/10

脆弱性公開日: 2015/2/24

エクスプロイト可能

Metasploit (glibc "realpath()" Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2014-9402, CVE-2015-5180, CVE-2017-12132, CVE-2017-15670, CVE-2017-15804, CVE-2018-1000001