RHEL 6:kernel(RHSA-2018:1319)(Meltdown)

critical Nessus プラグイン ID 109634
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

カーネルの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 6で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。カーネルパッケージにはLinuxオペレーティングシステムのコアであるLinuxカーネルが含まれています。セキュリティ修正プログラム:* hw:cpu:投機的実行の違反アクセスの処理(CVE-2017-5754、x86 32-bit)* Kernel:例外処理のエラーによるDoS(CVE-2018-8897)* kernel:nfsd:長いRPC応答の不適切な処理(CVE-2017-7645)* kernelDCCPソケットのメモリ解放後使用(Use After Free)の脆弱性(CVE-2017-8824)* kernel:v4l2:権限昇格を許可するメモリアクセス保護メカニズムの無効化(CVE-2017-13166)* kernel:netfilter:tcpmss_mangle_packet function in net/ netfilter/xt_TCPMSS.cにおけるメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2017-18017)* kernel:EFS要素のスタック情報を漏えい(CVE-2017-1000410)影響、CVSSスコア、その他の関連情報を含むセキュリティの問題の詳細については、「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。Red Hatは、CVE-2017-5754を報告してくれたGoogle Project Zero、CVE-2018-8897を報告してくれたNick Peterson氏(Everdox Tech LLC)とAndy Lutomirski氏、CVE-2017-8824を報告してくれたMohamed Ghannam氏、CVE-2017-1000410を報告してくれたArmis Labsに感謝の意を表します。バグ修正プログラム:これらの更新済みカーネルパッケージには、多数のバグ修正も含まれています。スペースの関係上、これらのバグ修正がすべてこのアドバイザリに文書化されているわけではありません。関連するナレッジ記事のバグ修正の説明は、https://access.redhat.com/ articles/3431591を参照してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/vulnerabilities/pop_ss

https://access.redhat.com/articles/3431591

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-5754

http://www.nessus.org/u?892ef523

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2018:1319

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-7645

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-8824

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-13166

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-18017

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-1000410

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-8897

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 109634

ファイル名: redhat-RHSA-2018-1319.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/5/9

更新日: 2019/10/24

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-i686, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-s390x, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/5/10

脆弱性公開日: 2017/4/18

エクスプロイト可能

Metasploit (Microsoft Windows POP/MOV SS Local Privilege Elevation Vulnerability)

参照情報

CVE: CVE-2017-1000410, CVE-2017-13166, CVE-2017-18017, CVE-2017-5754, CVE-2017-7645, CVE-2017-8824, CVE-2018-8897

RHSA: 2018:1319