RHEL 7:kernel-rt(RHSA-2018:1355)

high Nessus プラグイン ID 109642

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

kernel-rtの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 7で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。kernel-rtパッケージは、リアルタイムLinuxカーネルを提供します。これにより、適切に設定することが要求されるシステムの微調整が可能になります。セキュリティ修正プログラム:* Kernel:KVM:例外処理のエラーによって誤ったデバッグスタック値が生じます(CVE-2018-1087)* Kernel:例外処理のエラーによってDoSが引き起こされます(CVE-2018-8897)* Kernel:ipsec:xfrm:メモリ解放後使用(use-after-free)によって権限昇格が引き起こされる可能性があります(CVE-2017-16939)* kernel:netfilter/ebtables.cのebt_entry structでuserlandオフセットを介した領域外書き込み(CVE-2018-1068)* kernel:ptrace()の誤ったエラー処理により破損とDoSが発生(CVE-2018-1000199)影響、CVSSスコア、およびその他の関連情報を含むセキュリティ問題の詳細については、「参考」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。Red HatはCVE-2018-1087とCVE-2018-1000199を報告してくれたAndy Lutomirski氏とCVE-2018-8897を報告してくれたNick Peterson氏(Everdox Tech LLC)とAndy Lutomirski氏に感謝の意を表します。バグ修正プログラム:* kernel-rtパッケージが、3.10.0-862.2.3ソースツリーにアップグレードされ、以前のバージョンに対して多数のバグ修正プログラムを提供します。(BZ#1549768)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/vulnerabilities/pop_ss

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2018:1355

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-16939

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-1068

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-1087

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-8897

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-1000199

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 109642

ファイル名: redhat-RHSA-2018-1355.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/5/9

更新日: 2019/10/24

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-kvm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-kvm-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-kvm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-kvm-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-kvm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-kvm-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/5/8

脆弱性公開日: 2017/11/24

エクスプロイト可能

Metasploit (Microsoft Windows POP/MOV SS Local Privilege Elevation Vulnerability)

参照情報

CVE: CVE-2017-16939, CVE-2018-1000199, CVE-2018-1068, CVE-2018-1087, CVE-2018-8897

RHSA: 2018:1355