SUSE SLES12セキュリティ更新プログラム:カーネル(SUSE-SU-2018:1173-1)

high Nessus プラグイン ID 109647

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

SUSE Linux Enterprise 12 SP2 LTSSカーネルが4.4.121に更新され、さまざまなセキュリティとバグの修正が行われています。以下のセキュリティバグが修正されました。

- CVE-2018-8781:drivers/gpu/drm/udl/udl_fb.cのudl_fb_mmap関数には整数オーバーフローの脆弱性があったため、udldrmfbドライバーにアクセス可能なローカルユーザーが、カーネルの物理ページに対する完全な読み取り権限と書き込み権限を取得し、カーネル空間でコードを実行する可能性がありました(bnc#1090643)。

- CVE-2018-10124:kernel/signal.cのkill_something_info関数により 、ローカルユーザーが、INT_MIN引数を介して、サービス拒否を引き起こす可能性がありました(bnc#1089752)。

- CVE-2018-10087:kernel/exit.cのkernel_wait4関数により、ローカルユーザーが、
-INT_MIN値の試行された使用をトリガーすることで、サービス拒否を引き起こす可能性がありました(bnc#1089608)。

- CVE-2017-18257:Linuxカーネル内のfs/f2fs/data.cの__get_data_block関数により、ローカルユーザーが、FS_IOC_FIEMAP ioctlを使用したopenシステムコールとfallocateシステムコールの細工された使用を介して、サービス拒否(整数オーバーフローおよびループ)を引き起こす可能性がありました。(bnc#1088241)

- CVE-2018-8822:fs/ncpfs/ncplib_kernel.cのncp_read_kernel関数での不正なバッファ長処理が、悪意のあるNCPFSサーバーによって悪用され、カーネルがクラッシュしたり、コードが実行されたりする可能性がありました(bnc#1086162)。

- CVE-2018-8043:drivers/net/phy/mdio-bcm-unimac.cのunimac_mdio_probe関数では、特定のリソースの可用性が検証されていなかったため、ローカルユーザーが、サービス拒否(NULLポインター逆参照)を引き起こす可能性がありました(bnc#1084829)。

- CVE-2018-7740:mm/hugetlb.cのresv_map_release関数により、ローカルユーザーが、mmapシステムコールを行い、remap_file_pagesシステムコールに対する大きなpgoff引数を持つ、細工されたアプリケーションを介して、サービス拒否(バグ)を引き起こす可能性がありました(bnc#1084353)。

- CVE-2018-1087:また、権限のないKVMゲストユーザーが、この欠陥を悪用して、ゲスト内部の権限を昇格させる可能性がありました。(bsc#1087088)

- CVE-2018-8897:権限のないシステムユーザーが、不適切なセットアップ割り込みスタックを利用して、Linuxカーネルをクラッシュさせ、DoS問題を引き起こす可能性がありました。(bsc#1087088)

更新パッケージには、セキュリティ関連以外の修正も含まれています。詳細については、アドバイザリを参照してください。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE OpenStack Cloud 7:zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-7-2018-814=1

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP1:zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP2-2018-814=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP2-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP2-2018-814=1

SUSE Enterprise Storage 4:zypper in -t patch SUSE-Storage-4-2018-814=1

OpenStack Cloud Magnum Orchestration 7:zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-Magnum-Orchestration-7-2018-814=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1012382

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1031717

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1046610

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1057734

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1070536

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1075428

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1076847

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1077560

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1082153

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1082299

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1083125

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1083745

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1083836

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1084353

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1084610

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1084721

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1084829

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1085042

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1085185

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1085224

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1085402

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1085404

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1086162

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1086194

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1087088

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1087260

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1087845

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1088241

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1088242

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1088600

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1088684

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1089198

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1089608

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1089644

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1089752

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090643

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-18257/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-10087/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-10124/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-1087/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-7740/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8043/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8781/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8822/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8897/

http://www.nessus.org/u?4e590564

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 109647

ファイル名: suse_SU-2018-1173-1.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/5/9

更新日: 2019/9/10

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-man, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-syms, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kgraft-patch-4_4_121-92_73-default, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/5/8

脆弱性公開日: 2018/3/7

エクスプロイト可能

Metasploit (Microsoft Windows POP/MOV SS Local Privilege Elevation Vulnerability)

参照情報

CVE: CVE-2017-18257, CVE-2018-10087, CVE-2018-10124, CVE-2018-1087, CVE-2018-7740, CVE-2018-8043, CVE-2018-8781, CVE-2018-8822, CVE-2018-8897