SUSE SLED12 / SLES12セキュリティ更新プログラム:ImageMagick(SUSE-SU-2018:1178-1)

high Nessus プラグイン ID 109673

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

このImageMagick用の更新プログラムでは、次の問題が修正されています。修正されたセキュリティ問題:

- CVE-2017-14325:ImageMagickでは、magick/cache.cの関数PersistPixelCacheでメモリリークの脆弱性が見つかったため、攻撃者が、細工されたファイルを介して、サービス拒否(coders/mpc.cのReadMPCImageでのメモリ消費)を引き起こす可能性がありました。(bsc#1058635)

- CVE-2017-17887:ImageMagickでは、magick/cache.cの関数GetImagePixelCacheでメモリリークの脆弱性が見つかったため、攻撃者が、ReadOneMNGImageで処理された細工されたMNG画像ファイルを介して、サービス拒否を引き起こす可能性がありました。
[bsc#1074117]

- CVE-2017-18250:MagickCore/opencl.cの関数LogOpenCLBuildFailureでNULLポインター逆参照の脆弱性が見つかったため、細工されたファイルを介してサービス拒否が発生する可能性がありました。(bsc#1087039)

- CVE-2017-18251:coders/gif.cの関数ReadPCDImageでメモリリークの脆弱性が見つかり、ファイルを介したサービス拒否につながる可能性がありました。
[bsc#1087037]

- CVE-2017-18252:MagicKKand/mogrify.cのMogrifyImageList関数では、攻撃者が、細工されたファイルを介して、サービス拒否を引き起こす可能性がありました。(bsc#1087033)

- CVE-2017-18254:coders/gif.cのWriteGIFImage関数でメモリリークの脆弱性が見つかり、ファイルを介したサービス拒否につながる可能性がありました。
[bsc#1087027]

- CVE-2018-8960:ImageMagickのcoders/tiff.cのReadTIFFImage関数が、メモリ割り当てを適切に制限していなかったため、ヒープベースのバッファオーバーリードが発生する可能性がありました。(bsc#1086782)

- CVE-2018-9018:coders/png.cのReadMNGImage関数内のゼロ除算。攻撃者が、この脆弱性を悪用し、細工したmngファイルを介してクラッシュおよびサービス拒否を引き起こす可能性がありました。(bsc#1086773)

- CVE-2018-9135:coders/webp.cのIsWEBPImageLossless内のヒープベースのバッファオーバーリードが、サービス拒否につながる可能性がありました。(bsc#1087825)

- CVE-2018-10177:ImageMagickでは、coders/png.cファイルのReadOneMNGImage関数で無限ループがありました。リモート攻撃者が、この脆弱性を悪用し、細工したmngファイルを介してサービス拒否を引き起こす可能性があります。
[bsc#1089781]

- CVE-2017-10928:token.cのGetNextToken関数でのヒープベースのバッファオーバーリードにより、攻撃者が、coders/svg.cのGetUserSpaceColong eedValue関数で誤って処理された細工されたSVGドキュメントを介して、プロセスメモリから秘密情報を取得したり、詳細不明なその他の影響を与えたりする可能性がありました。
[bsc#1047356]

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterpriseワークステーション拡張12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-WE-12-SP3-2018-818=1

SUSE Linux Enterprise Software Development Kit 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-SDK-12-SP3-2018-818=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP3-2018-818=1

SUSE Linux Enterprise Desktop 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-DESKTOP-12-SP3-2018-818=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1047356

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1058635

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1074117

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1086773

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1086782

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1087027

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1087033

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1087037

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1087039

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1087825

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1089781

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-1000476/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10928/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-11450/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-14325/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-17887/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-18250/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-18251/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-18252/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-18254/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-10177/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8960/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-9018/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-9135/

http://www.nessus.org/u?4a4a2399

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 109673

ファイル名: suse_SU-2018-1178-1.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/5/10

更新日: 2019/9/10

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:ImageMagick, p-cpe:/a:novell:suse_linux:ImageMagick-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:ImageMagick-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmagick%2b%2b-6_q16, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmagick%2b%2b-6_q16-3-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libMagickCore-6_Q16, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libMagickCore-6_Q16-1, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libMagickCore-6_Q16-1-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libMagickWand-6_Q16, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libMagickWand-6_Q16-1-debuginfo, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/5/9

脆弱性公開日: 2017/7/5

参照情報

CVE: CVE-2017-1000476, CVE-2017-10928, CVE-2017-11450, CVE-2017-14325, CVE-2017-17887, CVE-2017-18250, CVE-2017-18251, CVE-2017-18252, CVE-2017-18254, CVE-2018-10177, CVE-2018-8960, CVE-2018-9018, CVE-2018-9135