SUSE SLES11セキュリティ更新プログラム:xen(SUSE-SU-2018:1203-1)(Meltdown)

high Nessus プラグイン ID 109722

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

このxenの更新では、いくつかの問題が修正されます。これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2018-8897:x86上のデバッグ例外の間違った処理を阻止します(XSA-260、bsc#1090820)

- IO-APICモードでHPETタイマーを適切に処理し、悪意のあるまたはバグの多いHVMゲストが、ハイパーバイザークラッシュや潜在的な権限昇格/情報漏洩を引き起こすのを阻止します(XSA-261、bsc#1090822)

- 攻撃者が物理CPUコアを永続的にビジー状態に保てるようにする、qemuによって誘発される無限ループを阻止します(XSA-262、bsc#1090823)

- CVE-2018-10472:x86 HVMゲストOSユーザーは、(特定の構成で)ターゲットファイルをスナップショットのバッキングファイルとして指定することに加えて、CDROMのQMPライブ挿入を介して任意のdom0ファイルを読み取ることができました(bsc#1089152)。

- CVE-2018-10471:x86 PVゲストOSユーザーは、CVE-2017-5754の間違った修正による予想外のINT 80の処理を介して、サービス拒否(領域外ゼロ書き込みとハイパーバイザークラッシュ)を引き起こすことができました(bsc#1089635)。

- CVE-2018-7550:load_multiboot関数により、ローカルゲストOSユーザーが、mh_bss_end_addrより大きなmh_load_end_addrの値を介してホスト上で任意のコードを実行し、領域外読み取りまたは書き込みメモリアクセスを発生させる可能性がありました(bsc#1083292)。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterprise Server 11-SP3-LTSS:zypper in -t patch slessp3-xen-13595=1

SUSE Linux Enterprise Point of Sale 11-SP3:zypper in -t patch sleposp3-xen-13595=1

SUSE Linux Enterprise Debuginfo 11-SP3:zypper in -t patch dbgsp3-xen-13595=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1083292

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1089152

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1089635

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090820

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090822

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090823

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-10471/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-10472/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-7550/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8897/

http://www.nessus.org/u?837e1ce1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 109722

ファイル名: suse_SU-2018-1203-1.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/5/11

更新日: 2021/6/3

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:xen, p-cpe:/a:novell:suse_linux:xen-doc-html, p-cpe:/a:novell:suse_linux:xen-doc-pdf, p-cpe:/a:novell:suse_linux:xen-kmp-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:xen-kmp-pae, p-cpe:/a:novell:suse_linux:xen-libs, p-cpe:/a:novell:suse_linux:xen-tools, p-cpe:/a:novell:suse_linux:xen-tools-domU, cpe:/o:novell:suse_linux:11

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/5/10

脆弱性公開日: 2018/1/4

エクスプロイト可能

Metasploit (Microsoft Windows POP/MOV SS Local Privilege Elevation Vulnerability)

参照情報

CVE: CVE-2017-5754, CVE-2018-10471, CVE-2018-10472, CVE-2018-7550, CVE-2018-8897

IAVA: 2018-A-0019

IAVB: 2018-B-0057-S