SUSE SLES12セキュリティ更新プログラム:カーネル(SUSE-SU-2018:1220-1)

high Nessus プラグイン ID 109757

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

SUSE Linux Enterprise 12 SP1 LTSSカーネルが更新され、さまざまなセキュリティとバグの修正が行われました。以下のセキュリティバグが修正されました。

- CVE-2018-1087:また、権限のないKVMゲストユーザーが、この欠陥を悪用して、ゲスト内部の権限を昇格させる可能性がありました。(bsc#1087088)

- CVE-2018-8897:権限のないシステムユーザーが、不適切なセットアップ割り込みスタックを利用して、Linuxカーネルをクラッシュさせ、DoS問題を引き起こす可能性がありました。(bsc#1087088)

- CVE-2018-8781:drivers/gpu/drm/udl/udl_fb.cのudl_fb_mmap関数には整数オーバーフローの脆弱性があったため、udldrmfbドライバーにアクセス可能なローカルユーザーが、カーネルの物理ページに対する完全な読み取り権限と書き込み権限を取得し、カーネル空間でコードを実行する可能性がありました(bnc#1090643)。

- CVE-2018-10124:kernel/signal.cのkill_something_info関数により 、ローカルユーザーが、INT_MIN引数を介して、サービス拒否を引き起こす可能性がありました(bnc#1089752)。

- CVE-2018-10087:kernel/exit.cのkernel_wait4関数により、ローカルユーザーが、
-INT_MIN値の試行された使用をトリガーすることで、サービス拒否を引き起こす可能性がありました(bnc#1089608)。

- CVE-2018-7757:drivers/scsi/libsas/sas_expander.cのsas_smp_get_phy_events関数のメモリリークにより、ローカルユーザーが、/sys/class/sas_phyディレクトリ内のファイルへの多数の読み取りアクセスを介して、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました。これは、/sys/class/sas_phy/phy-1: 0: 12/invalid_dword_countファイルによって実証されています(bnc#1084536)。

- CVE-2017-13220:Upstreamカーネルbluezの権限昇格の脆弱性を修正しました。(bnc#1076537)。

- CVE-2017-11089:ユーザー空間アプリケーションが、サイズが4バイト未満のデータを含む属性NL80211_ATTR_LOCAL_MESH_POWER_MODEを送信したときに、nl80211_set_stationでバッファオーバーリードが観測されます(bnc#1088261)。

- CVE-2017-0861:ALSAサブシステムのsnd_pcm_info関数でのメモリ解放後使用の脆弱性により、攻撃者が、詳細不明なベクトルを介して、権限を取得する可能性がありました(bnc#1088260)。

- CVE-2018-8822:fs/ncpfs/ncplib_kernel.cのncp_read_kernel関数での不正なバッファ長処理が、悪意のあるNCPFSサーバーによって悪用され、カーネルがクラッシュしたり、コードが実行されたりする可能性がありました(bnc#1086162)。

- CVE-2017-18203:drivers/md/dm.cのdm_get_from_kobject関数により、ローカルユーザーが、競合状態を悪用してサービス拒否(バグ)を引き起こす可能性がありました
__dm_destroy(bnc#1083242)。

更新パッケージには、セキュリティ関連以外の修正も含まれています。詳細については、アドバイザリを参照してください。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE OpenStack Cloud 6:zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-6-2018-845=1

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP1:zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP1-2018-845=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP1-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP1-2018-845=1

Public Cloud 12向けSUSE Linux Enterprise Module:zypper in -t patch SUSE-SLE-Module-Public-Cloud-12-2018-845=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1076537

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1082299

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1083125

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1083242

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1083275

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1084536

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1085279

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1085331

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1086162

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1086194

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1087088

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1087260

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1088147

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1088260

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1088261

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1089608

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1089752

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090643

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-0861/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-11089/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-13220/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-18203/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-10087/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-10124/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-1087/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-7757/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8781/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8822/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8897/

http://www.nessus.org/u?ac64f8f0

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 109757

ファイル名: suse_SU-2018-1220-1.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/5/14

更新日: 2019/9/10

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-man, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-syms, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen-base, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kgraft-patch-3_12_74-60_64_88-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kgraft-patch-3_12_74-60_64_88-xen, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/5/11

脆弱性公開日: 2017/11/16

エクスプロイト可能

Metasploit (Microsoft Windows POP/MOV SS Local Privilege Elevation Vulnerability)

参照情報

CVE: CVE-2017-0861, CVE-2017-11089, CVE-2017-13220, CVE-2017-18203, CVE-2018-10087, CVE-2018-10124, CVE-2018-1087, CVE-2018-7757, CVE-2018-8781, CVE-2018-8822, CVE-2018-8897