Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2018-4109)

high Nessus プラグイン ID 109829

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 6/7ホストに、ELSA-2018-4109アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 4.14.5までのLinuxカーネルのUSBコアサブシステムのdrivers/usb/core/config.cのusb_destroy_configuration関数は、リソースのリリースを試行する前に、構成およびインターフェイスの最大数を考慮していないため、ローカルユーザーが細工されたUSBデバイスを介してサービス拒否(領域外の書き込みアクセス)を引き起こしたり、詳細不明なその他の影響を与えたりする可能性があります。(CVE-2017-17558)

-4.14.4までのLinuxカーネルのnet/netfilter/nfnetlink_cthelper.cでは、new、get、delの操作にCAP_NET_ADMIN機能が要求されないため、ローカルユーザーは意図されているアクセス制限をバイパスできます。これは、nfnl_cthelper_listデータ構造がすべての名前空間で共有されているためです。
(CVE-2017-17448)

-4.13.11までのLinuxカーネルのdrivers/usb/misc/usbtest.cのget_endpoints関数により、ローカルユーザーが細工されたUSBデバイスを介して、サービス拒否(NULLポインターのデリファレンスおよびシステムクラッシュ)を引き起こしたり、詳細不明なその他の影響を与える可能性があります。(CVE-2017-16532)

-Linux4.xカーネルのブリッジング用32ビットsyscalインターフェイスの実装に欠陥が見つかりました。この欠陥により、特権ユーザーは、限られた範囲のカーネルメモリに任意に書き込むことができました。(CVE-2018-1068)

-4.15.15までのLinuxカーネルのfs/ext4/balloc.cのext4_valid_block_bitmap関数により、balloc.cおよびialloc.cがビットマップブロック番号を検証しないため、細工したext4イメージを通じて、攻撃者がサービス拒否(領域外読み取りおよびシステムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-1093)

-4.13.11より前のLinuxカーネルのdrivers/input/tablet/gtco.cのparse_hid_report_descriptor関数により、ローカルユーザーが細工されたUSBデバイスを使用して、サービス拒否(領域外読み取りとシステムクラッシュ)を引き起こしたり、詳細不明なその他の影響を与える可能性があります。(CVE-2017-16643)

-3.2までのLinuxカーネルにおいて、rds_message_alloc_sgs()関数がDMAページ割り当て中に使用される値を検証していないため、ヒープベースの領域外書き込み(net/rds/rdma.c内のrds_rdma_extra_size関数に関連する)が発生します。(CVE-2018-5332)

-4.13.11までのLinuxカーネルのdrivers/media/rc/imon.cのimon_probe関数により、ローカルユーザーが細工されたUSBデバイスを介して、サービス拒否(NULLポインターのデリファレンスおよびシステムクラッシュ)を引き起こしたり、詳細不明なその他の影響を与える可能性があります。(CVE-2017-16537)

-4.13.7までのLinuxカーネルのKEYSサブシステムが、既に存在するが、インスタンス化されていないキーのadd_keyの使用を誤って処理するため、ローカルユーザーが、細工されたシステムコールを介して、サービス拒否(NULLポインター逆参照とシステムクラッシュ)を引き起こしたり、詳細不明なその他の影響を与えたりする可能性があります。
(CVE-2017-15299)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2018-4109.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 109829

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2018-4109.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/5/16

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-5332

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-3.8.13-118.21.1.el6uek, p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-3.8.13-118.21.1.el7uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/5/15

脆弱性公開日: 2017/9/27

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Metasploit (Microsoft Windows POP/MOV SS Local Privilege Elevation Vulnerability)

参照情報

CVE: CVE-2015-5157, CVE-2017-0861, CVE-2017-5715, CVE-2017-5753, CVE-2017-5754, CVE-2017-7482, CVE-2017-8824, CVE-2017-9074, CVE-2017-14106, CVE-2017-14140, CVE-2017-15115, CVE-2017-15299, CVE-2017-15868, CVE-2017-16525, CVE-2017-16526, CVE-2017-16527, CVE-2017-16529, CVE-2017-16531, CVE-2017-16532, CVE-2017-16533, CVE-2017-16535, CVE-2017-16536, CVE-2017-16537, CVE-2017-16643, CVE-2017-16649, CVE-2017-17448, CVE-2017-17558, CVE-2018-1068, CVE-2018-1093, CVE-2018-5332, CVE-2018-8897, CVE-2018-100199