RHEL 6:eap6-jboss-ec2-eap(RHSA-2018:1451)

critical Nessus プラグイン ID 109838

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

jboss-ec2-eap用の更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 6対応のRed Hat JBoss Enterprise Application Platform 6.4で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。jboss-ec2-eapパッケージは、Amazon Web Services(AWS)Elastic Compute Cloud(EC2)で実行するRed Hat JBoss Enterprise Application Platform用のスクリプトを提供します。この更新プログラムにより、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6.4.19との互換性を確保するためにjboss-ec2-eapパッケージが更新されています。セキュリティ修正プログラム:*jackson-databind:不完全なブラックリストによる安全でない逆シリアル化(CVE-2017-7525に対する不完全な修正)(CVE-2017-15095)*jackson-databind:不完全なブラックリストによる安全でない逆シリアル化(CVE-2017-15095に対する不完全な修正)(CVE-2017-17485)*slf4j:任意のコードが実行される可能性のあるEventDataコンストラクターの逆シリアル化の脆弱性(CVE-2018-8088)*Apache ActiveMQ Artemis:信頼できない入力値の逆シリアル化の脆弱性(CVE-2016-4978)*solr:Index ReplicationのHTTP APIによるディレクトリトラバーサル(CVE-2017-3163)* tomcat:セキュリティ制約の空の文字列URLが不適切に処理されるため、リソースが意図せず表示される脆弱性(CVE-2018-1304)*jackson-databind:c3p0ライブラリの安全ではないシリアル化が発生するCVE-2017-7525の不完全な修正(CVE-2018-7489)影響、CVSSスコア、その他の関連情報を含むセキュリティの問題の詳細については、「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。Red Hatは、CVE-2017-15095を報告してくれたLiao Xinxi氏(NSFOCUS)、CVE-2017-17485を報告してくれた360Guan Xing Shi Yan Shi の0c0c0f、CVE-2018-8088を報告してくれたChris McCown氏に感謝の意を表します。

ソリューション

影響を受けるjboss-ec2-eapやjboss-ec2-eap-samplesパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/documentation/en-us/

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2018:1451

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-4978

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-3163

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-15095

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-17485

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-1304

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-7489

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-8088

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 109838

ファイル名: redhat-RHSA-2018-1451.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/5/16

更新日: 2019/10/24

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jboss-ec2-eap, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jboss-ec2-eap-samples, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2018/5/14

脆弱性公開日: 2016/9/27

参照情報

CVE: CVE-2016-4978, CVE-2017-15095, CVE-2017-17485, CVE-2017-3163, CVE-2018-1304, CVE-2018-7489, CVE-2018-8088

RHSA: 2018:1451