SUSE SLES11セキュリティ更新プログラム:mysql(SUSE-SU-2018:1333-1)

high Nessus プラグイン ID 109938

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

この更新では以下の問題が修正されます:

- Oracle April2018 CPUで5.5.60に更新します(bsc#1089987 )。

- CVE-2018-2761:Oracle MySQLのMySQLServerコンポーネントにおける脆弱性(サブコンポーネント:Client programs)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.5.59以前、5.6.39以前、5.7.21以前です。
悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.0ベーススコア5.9(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。

- CVE-2018-2755:Oracle MySQLのMySQLServerコンポーネントにおける脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:
Replication)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.5.59以前、5.6.39以前、5.7.21以前です。
悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が、MySQL Serverが実行されているインフラストラクチャにログオンし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要であり、MySQL Serverにある脆弱性であっても、攻撃がその他の製品に重大な影響を与える可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、MySQL Serverの乗っ取りが発生する可能性があります。CVSS 3.0 ベーススコア 7.7(機密性、整合性、可用性の影響)CVSS Vector:
(CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H)。

- CVE-2018-2781:Oracle MySQLのMySQLServerコンポーネントにおける脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:
Optimizer)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.5.59以前、5.6.39以前、5.7.21以前です。
容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.0ベーススコア4.9(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。

- CVE-2018-2819:Oracle MySQLのMySQLServerコンポーネントにおける脆弱性(サブコンポーネント:InnoDB)。
影響を受けるサポート対象のバージョンは5.5.59以前、5.6.39以前、5.7.21以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.0ベーススコア6.5(可用性に影響)。
CVSS Vector:
(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。

- CVE-2018-2818:Oracle MySQLのMySQLServerコンポーネントにおける脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:
セキュリティ:特権)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.5.59以前、5.6.39以前、5.7.21以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.0ベーススコア4.9(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。

- CVE-2018-2817:Oracle MySQLのMySQLServerコンポーネントにおける脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:DDL)
影響を受けるサポート対象のバージョンは5.5.59以前、5.6.39以前、5.7.21以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.0ベーススコア6.5(可用性に影響)。
CVSS Vector:
(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。

- CVE-2018-2771:Oracle MySQLのMySQLServerコンポーネントにおける脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:
ロッキング)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.5.59以前、5.6.39以前、5.7.21以前です。
悪用が難しい脆弱性ですが、権限が高い攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.0ベーススコア4.4(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。

- CVE-2018-2813:Oracle MySQLのMySQLServerコンポーネントにおける脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:DDL)
影響を受けるサポート対象のバージョンは5.5.59以前、5.6.39以前、5.7.21以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、MySQL Server がアクセスできるサブセットのデータが、権限なく読み取りアクセスされる可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア4.3(機密性に影響)CVSS Vector:
(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N)。

- CVE-2018-2773:Oracle MySQLのMySQLServerコンポーネントにおける脆弱性(サブコンポーネント:Client programs)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.5.59以前、5.6.39以前、5.7.21以前です。
悪用が難しい脆弱性ですが、MySQL Serverが実行されているインフラストラクチャにログオンでき、高い権限を持つ攻撃者がMySQL Serverを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.0ベーススコア4.1(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterpriseソフトウェア開発キット 11-SP4:zypper in -t patch sdksp4-mysql-13611=1

SUSE Linux Enterprise Server 11-SP4:zypper in -t patch slessp4-mysql-13611=1

SUSE Linux Enterprise Debuginfo 11-SP4:zypper in -t patch dbgsp4-mysql-13611=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1089987

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2755/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2761/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2771/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2773/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2781/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2813/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2817/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2818/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2819/

http://www.nessus.org/u?c08472b6

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 109938

ファイル名: suse_SU-2018-1333-1.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/5/21

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmysql55client18, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmysql55client_r18, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mysql, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mysql-client, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mysql-tools, cpe:/o:novell:suse_linux:11

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

パッチ公開日: 2018/5/18

脆弱性公開日: 2018/4/19

参照情報

CVE: CVE-2018-2755, CVE-2018-2761, CVE-2018-2771, CVE-2018-2773, CVE-2018-2781, CVE-2018-2813, CVE-2018-2817, CVE-2018-2818, CVE-2018-2819