openSUSEセキュリティ更新プログラム:qemu(openSUSE-2018-489)(Spectre)

medium Nessus プラグイン ID 110063

Language:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このqemuの更新では、いくつかの問題が修正されます。

以下のセキュリティの問題が修正されました。

- CVE-2018-3639:KVMゲストに対するSpectre v4脆弱性緩和サポート(bsc#1092885)。

- 以前のすべてのメモリ書き込みのアドレスがわかる前に投機的実行および投機的実行のメモリ読み取りを利用するマイクロプロセッサを備えたシステムでは、サイドチャネル分析を使用したローカルユーザーアクセスによる攻撃者への不正な情報漏洩が発生する可能性があります。

このパッチでは、ホストにこの機能があれば、「ssbd」という名前の新しいx86 cpu機能フラグがゲストに提供され、KVMがゲストにもそれを開示することができます。

この機能を有効にするには、qemuコマンドライン

-cpu $MODEL,+spec-ctrl,+ssbdを使用してください。そうすれば、ゲストOSがこの機能を利用できます。

ホストでは、spec-ctrlとssbdのサポートも必要です。

以下の非セキュリティの問題が修正されました。

- bsc#1070615:tpmキャンセルパスに新しい検索パス「sys/class/tpm」を追加します

この更新はSUSEからインポートされました:SLE-12-SP3:更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受けるQemuパッケージを更新してください。

参考資料

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1070615

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1092885

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 110063

ファイル名: openSUSE-2018-489.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/5/24

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 4.9

現状値: 3.8

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:N/A:N

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 5.5

現状値: 5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-arm, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-arm-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-curl, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-curl-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-dmg, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-dmg-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-iscsi, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-iscsi-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-rbd, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-rbd-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-ssh, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-ssh-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-extra, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-extra-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-guest-agent, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-guest-agent-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-ipxe, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-ksm, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-kvm, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-lang, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-linux-user, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-linux-user-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-linux-user-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-ppc, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-ppc-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-s390, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-s390-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-seabios, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-sgabios, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-testsuite, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-tools, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-tools-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-vgabios, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-x86, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-x86-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:42.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/5/23

参照情報

CVE: CVE-2018-3639