Tenable Nessus < 7.1.0の複数の脆弱性(TNS-2018-05)

medium Nessus プラグイン ID 110096

概要

リモートホストで実行されているTenable Nessusは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートホストで実行されているTenable Nessusアプリケーションは7.1.0より前です。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます。- Tenable Nessusには、Stored型クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃の可能性がある欠陥が含まれています。特別に細工された.nessusファイルへの入力を、プログラムがユーザーに返す前に適切にサニタイズしないために存在する欠陥です。これにより、認証されたリモートの攻撃者が、特別に細工されたリクエストを作成して、ブラウザーとサーバー間の信頼関係において、ユーザーのブラウザーセッションで任意のスクリプトコードを実行できます。(CVE-2018-1147)- Tenable Nessusに、セッション固定攻撃を行う可能性がある欠陥が含まれています。アプリケーションが新しいセッションを確立するときに、既存のセッション識別子を無効にして新しい識別子を割り当てないために存在する欠陥です。コンテキスト依存の攻撃者が、セッション識別子を固定する特別に細工されたリクエストによって、既知のセッション識別子でユーザーを認証し、その後セッションを乗っ取ることができます。(CVE-2018-1148)

ソリューション

Tenable Nessusバージョン7.1.0以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.tenable.com/security/tns-2018-05

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 110096

ファイル名: nessus_tns_2018_05.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2018/5/24

更新日: 2022/4/11

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-1148

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4

Temporal Score: 3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:tenable:nessus

必要な KB アイテム: installed_sw/nessus

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/5/15

脆弱性公開日: 2018/5/15

参照情報

CVE: CVE-2018-1147, CVE-2018-1148