SUSE SLES12セキュリティ更新プログラム:カーネル(SUSE-SU-2018:1511-1)

high Nessus プラグイン ID 110346

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

このLinux カーネル 4.4.114-92_67の更新では、いくつかの問題が修正されます。
以下のセキュリティ問題が解決されました:

- CVE-2017-13166:カーネルv4l2ビデオドライバーの権限の昇格の脆弱性が修正されました。
(bsc#1085447)。

- CVE-2018-8897:「インテル64およびIA-32アーキテクチャソフトウェアデベロッパーズマニュアル(SDM)」の記述が、一部またはすべてのオペレーティングシステムカーネルの開発時に誤って処理され、Windows、macOS、一部のXen構成、FreeBSDでの権限昇格、あるいはLinuxでのカーネルクラッシュのような、MOV SSまたはPOP SSによって遅延させられる#DB例外の予期しない動作が発生します。MOV to SSおよびPOP SS命令は、次の命令に続く命令境界まで割り込み(NMIを含む)、データブレークポイント、シングルステップトラップ例外を禁止します(SDM Vol. 3A、
セクション6.8.3)。(禁止されているデータブレークポイントは、MOV to SSまたはPOP to SS命令自体によってアクセスされるメモリ上のものです。)注意:デバッグ例外は、割り込み許可(EFLAGS.IF)システムフラグによって禁止されていません(SDM Vol. 3A、セクション2.3)。MOV to SSまたはPOP to SS命令に続く命令が、CPLの完了時にオペレーティングシステムに制御を移管するSYSCALL、SYSENTER、INT 3などの命令である場合。OSカーネルはこの順序のイベントを予期していないため、発生時に予期しない動作をする可能性があります(bsc#1090368)。

- CVE-2018-8781:drivers/gpu/drm/udl/udl_fb.cのudl_fb_mmap関数には整数オーバーフローの脆弱性があったため、udldrmfbドライバーにアクセス可能なローカルユーザーが、カーネルの物理ページに対する完全な読み取り権限と書き込み権限を取得し、カーネル空間でコードを実行する可能性がありました(bsc#1090646)。

- bsc#1083125:kgraft:復帰コードでの小規模な競合を修正します()。

- CVE-2018-1087:カーネルKVMは、LinuxカーネルのKVMハイパーバイザーがMov SSまたはPop SS命令によるスタック切り替え操作の後で発生する例外を処理する方法における欠陥に対して脆弱でした。スタックスイッチ操作中、プロセッサーは割り込みと例外を出力せず、むしろスタックスイッチが実行された後に最初の命令に配信されます。権限のないKVMゲストユーザーが、この欠陥を悪用してゲストをクラッシュさせたり、ゲスト内の権限を昇格させたりする可能性がありました(bsc#1090869)

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP2:zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP2-2018-1068=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP2-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP2-2018-1068=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1083125

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1085447

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090368

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090646

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090869

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-13166/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-1087/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8781/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8897/

http://www.nessus.org/u?4471a45a

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 110346

ファイル名: suse_SU-2018-1511-1.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/6/6

更新日: 2019/9/10

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:kgraft-patch-4_4_114-92_67-default, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/6/5

脆弱性公開日: 2017/12/6

エクスプロイト可能

Metasploit (Microsoft Windows POP/MOV SS Local Privilege Elevation Vulnerability)

参照情報

CVE: CVE-2017-13166, CVE-2018-1087, CVE-2018-8781, CVE-2018-8897