CentOS 7:python(CESA-2018:2123)

high Nessus プラグイン ID 111075
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのCentOSホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

pythonの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 7で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度中と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。Pythonはインタープリター型、インタラクティブ、オブジェクト指向のプログラミング言語であり、モジュール、クラス、例外、非常に高レベルの動的データタイプ、動的タイプ指定を含みます。Pythonは、多数のシステムコールやライブラリ、さまざまなウィンドウシステムのインターフェイスをサポートしています。セキュリティ修正プログラム:* DES/3DES暗号がTLS/SSLプロトコルの一部として使用される方法に欠陥が見つかりました。通信でDES/3DESベースの暗号スイートが使用されていた場合、中間にいる攻撃者がこの欠陥を悪用して、TLS/SSLサーバーとクライアントの間で大量の暗号化されたトラフィックをキャプチャすることにより、平文データを復元する可能性があります。(CVE-2016-2183)注:この更新プログラムでは、デフォルトで3DES暗号スイートを無効化するために、Python SSLモジュールを変更します。Red Hatは、この問題を報告してくれたOpenVPNに感謝の意を表します。アップストリームは、Karthikeyan Bhargavan氏(Inria)とGaetan Leurent氏(Inria)を最初の報告者として認めています。

ソリューション

影響を受けるpythonパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?8f307ce9

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 111075

ファイル名: centos_RHSA-2018-2123.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/7/16

更新日: 2019/12/31

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2016-2183

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:python, p-cpe:/a:centos:centos:python-debug, p-cpe:/a:centos:centos:python-devel, p-cpe:/a:centos:centos:python-libs, p-cpe:/a:centos:centos:python-test, p-cpe:/a:centos:centos:python-tools, p-cpe:/a:centos:centos:tkinter, cpe:/o:centos:centos:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

パッチ公開日: 2018/7/13

脆弱性公開日: 2016/9/1

参照情報

CVE: CVE-2016-2183

RHSA: 2018:2123