Oracle Application Testing Suiteの複数の脆弱性(2018年4月/7月CPU)

critical Nessus プラグイン ID 111210

概要

リモートホストにインストールされているWebアプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているOracle Application Testing Suiteのバージョンは複数の脆弱性の影響を受けます:-シリアル化されたログイベントを他のアプリケーションから受け取る機能により、リモートでコードが実行される脆弱性がApache Log4jの2.8.2より前の2.xにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたメッセージを介し、リモートホストで任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-5645)-spring-messagingモジュールを通じて簡易なメモリ内STOMPブローカーを持つWebSocketエンドポイントにSTOMPが漏えいすることで、リモートでコードが実行される脆弱性がSpring Frameworkにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたメッセージを介し、リモートホストで任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2018-1275)

ソリューション

2018年4月/7月のOracle Critical Patch Updateアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?76507bf8

http://www.nessus.org/u?50f36723

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 111210

ファイル名: oracle_oats_cpu_jul_2018.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2018/7/20

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-1275

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:application_testing_suite

必要な KB アイテム: installed_sw/Oracle Application Testing Suite

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/7/17

脆弱性公開日: 2018/7/17

参照情報

CVE: CVE-2017-5645, CVE-2018-1275

BID: 97702, 103771