openSUSEセキュリティ更新プログラム:mutt(openSUSE-2018-809)

critical Nessus プラグイン ID 111571

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

muttのこの更新プログラムでは、以下の問題が修正されています:

キャッシュサイドチャネル攻撃の軽減:

- bsc#1101428:Mutt 1.10.1セキュリティリリースの更新。

- CVE-2018-14351:IMAPステータスメールボックスの文字数が長い場合に正常に処理しないimap/command.cを修正しました(bsc#1101583)。

- CVE-2018-14353:整数アンダーフローがあるimap/util.cのimap_quote_stringを修正しました(bsc#1101581)。

- CVE-2018-14362:message-cacheパス名と安全でないやり取りを行う可能性がある文字を禁止しないpop.cを修正しました(bsc#1101567)。

- CVE-2018-14354:バッククォート文字によるリモートIMAPサーバーからの任意のコマンド実行を修正しました(bsc#1101578)。

- CVE-2018-14352:クォート文字の余地を残さないimap/util.cのimap_quote_stringを修正しました(bsc#1101582)。

- CVE-2018-14356:長さゼロのUIDを正常に処理しないpop.cを修正しました(bsc#1101576)。

- CVE-2018-14355:メールボックス名の「..」ディレクトリトラバーサルを正常に処理しないimap/util.cを修正しました(bsc#1101577)。

- CVE-2018-14349:メッセージのないNO応答を正常に処理しないimap/command.cを修正しました(bsc#1101589)。

- CVE-2018-14350:INTERNALDATEフィールドによるFETCH応答のスタックベースバッファオーバーフローがあるimap/message.cを修正しました(bsc#1101588)。

- CVE-2018-14363:キャッシュパス名と安全でないやり取りを行う可能性がある「/」文字を適切に制限しないnewsrc.cを修正しました(bsc#1101566)。

- CVE-2018-14359:base64データによるバッファオーバーフローを修正しました(bsc#1101570)。

- CVE-2018-14358:RFC822.SIZEフィールドによるFETCH応答のスタックベースバッファオーバーフローがあるimap/message.cを修正しました(bsc#1101571)。

- CVE-2018-14360:sscanfの不正使用によるスタックベースバッファオーバーフローがあるnewsrc.cのnntp_add_groupを修正しました(bsc#1101569)。

- CVE-2018-14357:リモートのIMAPサーバーでバッククォート文字を使用して任意のコマンドを実行できる問題を修正しました(bsc#1101573)。

- CVE-2018-14361:メッセージデータ用のメモリ割り当てが失敗してもnntp.cが進行する問題を修正しました(bsc#1101568)。

バグ修正:

- muttがneomuttおよび不正なバージョンとしてレポートされます(bsc#1094717)

この更新プログラムは、SUSE: SLE-15: Update更新プロジェクトからインポートされました。

ソリューション

影響を受けるmuttパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1094717

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101428

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101566

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101567

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101568

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101569

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101570

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101571

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101573

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101576

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101577

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101578

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101581

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101582

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101583

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101588

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1101589

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 111571

ファイル名: openSUSE-2018-809.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/8/7

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:mutt, p-cpe:/a:novell:opensuse:mutt-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:mutt-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:mutt-lang, cpe:/o:novell:opensuse:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2018/8/6

参照情報

CVE: CVE-2014-9116, CVE-2018-14349, CVE-2018-14350, CVE-2018-14351, CVE-2018-14352, CVE-2018-14353, CVE-2018-14354, CVE-2018-14355, CVE-2018-14356, CVE-2018-14357, CVE-2018-14358, CVE-2018-14359, CVE-2018-14360, CVE-2018-14361, CVE-2018-14362, CVE-2018-14363