Ubuntu 14.04 LTS:Linuxカーネルのリグレッション(USN-3741-3)(Foreshadow)

high Nessus プラグイン ID 112017

概要

リモートのUbuntuホストに1つまたは複数のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

USN-3741-1は、L1 Terminal Fault(L1TF)の脆弱性に対応するために、Ubuntu 14.04 LTSのLinuxカーネルに緩和策を導入しました(CVE-2018-3620、CVE-2018-3646)。ところが、この更新プログラムは一部の環境で起動時にカーネルパニックを引き起こしたり、Javaアプリケーションの起動を妨げたりするリグレッションをもたらしました。
この更新プログラムにより問題が修正されます。

ご不便をお掛けして申し訳ございません。

Intel CPUコアのL1データキャッシュにあるメモリが、CPUコアで実行されている悪意のあるプロセスに漏えいされる可能性があることがわかりました。この脆弱性は、L1 Terminal Fault(L1TF)とも呼ばれています。ゲスト仮想マシンのローカル攻撃者がこれを悪用して、秘密情報(他のゲストやホストOSのメモリ)を漏えいさせる可能性があります。(CVE-2018-3646)

Intel CPUコアのL1データキャッシュにあるメモリが、CPUコアで実行されている悪意のあるプロセスに漏えいされる可能性があることがわかりました。この脆弱性は、L1 Terminal Fault(L1TF)とも呼ばれています。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、秘密情報(カーネルや他のプロセスからのメモリ)を漏えいさせる可能性があります。
(CVE-2018-3620)

Juha-Matti Tilli氏によって、LinuxカーネルのTCP実装では、着信パケットを処理するとき、アルゴリズムにとって負荷のかかる処理を実行する場合があることが発見されました。リモートの攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-5390)

Juha-Matti Tilli氏によって、LinuxカーネルのIP実装では、着信パケットフラグメントを処理するとき、アルゴリズムにとって負荷のかかる処理を実行する場合があることが発見されました。リモートの攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-5391)。

注意: Tenable Network Securityは、前述の説明ブロックをUbuntuセキュリティアドバイザリからすでに直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/3741-3/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 112017

ファイル名: ubuntu_USN-3741-3.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/8/20

更新日: 2020/9/17

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.13-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.13-generic-lpae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.13-lowlatency, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-generic-lpae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-lowlatency, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:14.04

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

パッチ公開日: 2018/8/17

脆弱性公開日: 2018/8/6

参照情報

CVE: CVE-2018-3620, CVE-2018-3646, CVE-2018-5390, CVE-2018-5391

USN: 3741-3