Amazon Linux 2:openslp(ALAS-2018-1060)

critical Nessus プラグイン ID 112085

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

OpenSLP 1.xと2.xのベースラインにおけるメモリ解放後使用(Use After Free)の欠陥がProcessSrvRqst関数で発見されました。ローカルポインターの更新に失敗すると、ヒープが破損する可能性があります。リモートの攻撃者がこの欠陥を悪用して、リモートでコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-17833)

ソリューション

「yum update openslp」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2018-1060.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 112085

ファイル名: al2_ALAS-2018-1060.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/8/24

更新日: 2018/8/31

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:openslp, p-cpe:/a:amazon:linux:openslp-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:openslp-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:openslp-server, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

パッチ公開日: 2018/8/21

参照情報

CVE: CVE-2017-17833

ALAS: 2018-1060