Amazon Linux AMI:mysql57(ALAS-2018-1070)

high Nessus プラグイン ID 112097

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントにある脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:DDL)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする(完全なDOS)可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア4.9(可用性への影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2018-3077)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:InnoDB)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性による攻撃が成功すると、権限なしでMySQL Serverがアクセスできるデータの一部にアクセスして、更新、挿入、削除したり、さらにMySQL Serverでハングを引き起こしたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする(完全なDOS)可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア7.1(整合性と可用性に影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:H)。(CVE-2018-3064)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:セキュリティ:暗号化)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。悪用が難しい脆弱性ですが、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、MySQL Server がアクセスできるサブセットのデータが、権限なく読み取りアクセスされる可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア3.1(機密性に影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N)。(CVE-2018-2767)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:Memcached)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。悪用が難しい脆弱性ですが、権限を多く持たない攻撃者がmemcachedを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする(完全なDOS)可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア5.3(可用性に影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2018-3062)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:MyISAM)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対して攻撃が成功すると、MySQL Serverがアクセスできるいくつかのデータが、権限なしで更新、挿入または削除される可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア4.3(整合性に影響)。CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:N)(CVE-2018-3058)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:セキュリティ:権限)影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、MySQL Server がアクセスできるサブセットのデータが、権限なく読み取りアクセスされる可能性があります。CVSS 3.0 Base Score 4.3(機密性の影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N)。(CVE-2018-3056)Oracle MySQLのMySQL Clientコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:Clientプログラム)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。悪用が難しい脆弱性ですが、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを開始してネットワークにアクセスし、MySQL Clientを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Clientが利用できる一部のデータにアクセスして、更新、挿入、または削除される可能性があることに加えて、MySQL Clientでハングを引き起こしたり、頻繁にクラッシュを繰り返したりする(完全なDOS)可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア5.0(整合性と可用性に影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:H)。(CVE-2018-3081)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:DML)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする(完全なDOS)可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア6.5(可用性に影響)。CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2018-3065)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:監査ログ)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする(完全なDOS)可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア4.9(可用性への影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2018-3071)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:DML)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする(完全なDOS)可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア4.9(可用性への影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2018-3061)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:InnoDB)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性を利用した攻撃が成功すると、重要なデータやMySQL Serverがアクセスできるすべてのデータを権限なしで作成、削除、変更される可能性があることに加えて、MySQL Serverでハングを引き起こしたり、頻繁にクラッシュを繰り返す(完全なDOS)可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア6.5(整合性と可用性に影響)。CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:H)。(CVE-2018-3060)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:DDL)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする(完全なDOS)可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア4.9(可用性への影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2018-3054)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:Client mysqldump)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする(完全なDOS)可能性があります。CVSS 3.0ベーススコア6.5(可用性に影響)。CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2018-3070)Oracle MySQLのMySQL Serverコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:サーバー:オプション)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.22以前です。悪用が難しい脆弱性ですが、権限が高い攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性による攻撃が成功すると、権限のない更新、MySQL Serverがアクセスできるデータへのアクセスの挿入または削除、ならびにMySQL Serverがアクセスできるデータのサブセットへの承認されていない読み取りアクセスが可能になります。CVSS 3.0ベーススコア3.3(機密性と整合性に影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:N)。(CVE-2018-3066)

ソリューション

「yum update mysql57」を実行してシステムを更新してください。

参考資料

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2018-1070.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 112097

ファイル名: ala_ALAS-2018-1070.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/8/24

更新日: 2019/7/10

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:N/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:mysql57, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql57-common, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql57-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql57-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql57-embedded, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql57-embedded-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql57-errmsg, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql57-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql57-server, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql57-test, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

パッチ公開日: 2018/8/23

脆弱性公開日: 2018/3/27

参照情報

CVE: CVE-2018-0739, CVE-2018-2767, CVE-2018-3054, CVE-2018-3056, CVE-2018-3058, CVE-2018-3060, CVE-2018-3061, CVE-2018-3062, CVE-2018-3064, CVE-2018-3065, CVE-2018-3066, CVE-2018-3070, CVE-2018-3071, CVE-2018-3077, CVE-2018-3081

ALAS: 2018-1070