OracleVM 3.3/3.4:bind(OVMSA-2018-0252)

high Nessus プラグイン ID 112170

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracleVMシステムには、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません:- 修正(CVE-2018-5740)- 修正(CVE-2017-3145)- クエリが成功した後でのみEDNSフラグを変更(#1416035)- bind-sdbの停止時のldapドライバーのクラッシュを修正(#1426626)- 修正(CVE-2017-3142、CVE-2017-3143)- ルートサーバおよびトラストアンカーを更新 - CNAMEに遭遇したDNSKEYを修正(#1447872、ISC変更3391) - 修正CVE-2017-3136(ISC変更4575)- 修正CVE-2017-3137(ISC変更4578)

ソリューション

影響を受けるbind-libs/bind-utilsパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?c4cecb84

http://www.nessus.org/u?7bee6625

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 112170

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2018-0252.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2018/8/29

更新日: 2019/9/27

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:bind-libs, p-cpe:/a:oracle:vm:bind-utils, cpe:/o:oracle:vm_server:3.3, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

パッチ公開日: 2018/8/27

脆弱性公開日: 2019/1/16

参照情報

CVE: CVE-2017-3136, CVE-2017-3137, CVE-2017-3142, CVE-2017-3143, CVE-2017-3145, CVE-2018-5740