Nessus SYNスキャナー

info Nessus プラグイン ID 11219
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

どのTCPポートが開いているかを判断できます。

説明

このプラグインは、SYN「半分開いた」ポートスキャナーです。ファイアウォールで保護されたターゲットに対しても、適度な速さを維持する必要があります。

SYNスキャンは、破損したサービスに対するTCP(フル接続)スキャンより煩わしくありませんが、ネットワークに負荷がかかっている場合に、ファイアウォールの堅牢性を低下させるという問題を引き起こしたり、リモートターゲットで接続をオープンのまま残したりする可能性があります。

ソリューション

IPフィルターでターゲットを保護します。

プラグインの詳細

深刻度: Info

ID: 11219

ファイル名: nessus_syn_scanner.nbin

バージョン: 1.38

タイプ: remote

ファミリー: Port scanners

公開日: 2009/2/4

更新日: 2021/7/12

依存関係: portscanners_stub.nasl, portscanners_settings.nasl

脆弱性情報