OracleVM 3.4:Unbreakable/etc(OVMSA-2018-0253)

high Nessus プラグイン ID 112282

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracleVMシステムには、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません:- バンピングリリースを再構築 - Cipso:無限ループに入るcipso_v4_optptr(yujuan.qi)[Orabug:28563992](CVE-2018-10938)- Btrfs:fsyncのlist_addの破損とソフトロックアップを修正(Liu Bo)- x86/paravirt:paravirtのゲストに対するspecter-v2の緩和策を修正(Peter Zijlstra)[Orabug:28474643](CVE-2018-15594)- sym53c8xx:sym_hipd.cのsym_int_sirでNULLポインターデリファレンスパニックを修正(George Kennedy)[Orabug:28481893] - md/raid1:raid1の再同期が停止するのを回避(Jes Sorensen)[Orabug:28529228] - x86/spectrev2:retpolineが利用できるときにmodeをSPECTRE_V2_NONEに設定しないでください。(Boris Ostrovsky)[Orabug:28540376] - ext4:inodeサイズを拡張するときのデッドロックを回避(Jan Kara)[Orabug:25718971] - ext4:inodeを拡張するときにシフトされたxattrを適切に整列させる(Jan Kara)- ext4:inode part 2拡張するときのxattrシフトを修正(Jan Kara) - ext4:inodeを拡張するときのxattrシフトを修正(Jan Kara)[Orabug:25718971] - uek-rpm:perf stripped binaryを有効化(Victor Erminpour)[Orabug:27801171] - nfsd:制限アプローチとしてセッションスロットの数を減らす(J. Bruce Fields)[Orabug:28023821] - nfsd:DRCキャッシュ制限を拡大(J. Bruce Fields)[Orabug:28023821] - uek-rpm:config-debug:デフォルトでの耐久テストを無効化(Knut Omang)[Orabug:28261886] - ipmi:handle_one_recv_msgの前にwaiting_rcv_msgsリストからsmi_msgを削除します(Junichi Nomura)- x86/mce/AMD:従来のMSRでアクセスするときにMCA bank 3に名前を付ける(Yazen Ghannam)[Orabug:28416303] - SGIDディレクトリでディレクトリ以外の作成を修正(Linus Torvalds)[Orabug:28459477](CVE-2018-13405)- scsi:libsas:libATAへのATAデバイスのEHコマンドを保留する(Jason Yan)[Orabug:28459685](CVE-2018-10021)- PCI:列挙中にATS構造体を割り当てる(Bjorn Helgaas)[Orabug:28460092]

ソリューション

影響を受けるkernel-uek/kernel-uek-firmwareパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?c8217169

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 112282

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2018-0253.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2018/9/5

更新日: 2019/9/27

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/9/4

脆弱性公開日: 2018/4/11

参照情報

CVE: CVE-2018-10021, CVE-2018-10938, CVE-2018-13405, CVE-2018-15594