Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterpriseカーネル(ELSA-2018-4208)

high Nessus プラグイン ID 112283
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更点の説明:[4.1.12-124.18.9.el7uek] - バンピングリリースを再構築[4.1.12-124.18.8.el7uek] - Cipso:無限ループに入るcipso_v4_optptr(yujuan.qi)[Orabug:28563992] {CVE-2018-10938} - Btrfs:fsyncのlist_addの破損とソフトロックアップを修正(Liu Bo)[Orabug:28119834] - x86/paravirt:paravirtのゲストに対するspecter-v2の緩和策を修正(Peter Zijlstra)[Orabug:28474643] {CVE-2018-15594} - sym53c8xx:sym_hipd.cのsym_int_sir()でNULLポインターデリファレンスパニックを修正(George Kennedy)[Orabug:28481893] - md/raid1:raid1の再同期が停止するのを回避(Jes Sorensen)[Orabug:28529228] - x86/spectrev2:retpolineが利用できるときにmodeをSPECTRE_V2_NONEに設定しないでください。(Boris Ostrovsky)[Orabug:28540376][4.1.12-124.18.7.el7uek] - ext4:inodeサイズを拡張するときのデッドロックを回避(Jan Kara)[Orabug:25718971] - ext4:inodeを拡張するときにシフトされたxattrを適切に整列させる(Jan Kara)[Orabug:25718971] - ext4:inode part 2を拡張するときのxattrシフトを修正(Jan Kara)[Orabug:25718971] - ext4:inodeを拡張するときのxattrシフトを修正(Jan Kara)[Orabug:25718971] - uek-rpm:perf stripped binaryを有効化(Victor Erminpour)[Orabug:27801171] - nfsd:制限アプローチとしてセッションスロットの数を減らす(J. Bruce Fields)[Orabug:28023821] - nfsd:DRCキャッシュ制限を拡大(J. Bruce Fields)[Orabug:28023821] - uek-rpm:config-debug:デフォルトでの耐久テストを無効化(Knut Omang)[Orabug:28261886] - ipmi:handle_one_recv_msg()の前にwaiting_rcv_msgsリストからsmi_msgを削除します(Junichi Nomura)- x86/mce/AMD:従来のMSRでアクセスするときにMCA bank 3に名前を付ける(Yazen Ghannam)[Orabug:28416303] - SGIDディレクトリでディレクトリ以外の作成を修正(Linus Torvalds)[Orabug:28459477] {CVE-2018-13405} - scsi:libsas:libATAへのATAデバイスのEHコマンドを保留する(Jason Yan)[Orabug:28459685] {CVE-2018-10021} - PCI:列挙中にATS構造体を割り当てる(Bjorn Helgaas)[Orabug:28460092]

ソリューション

影響を受けるUnbreakable Enterprise Kernelパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2018-September/008011.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2018-September/008012.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 112283

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2018-4208.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/9/5

更新日: 2019/9/27

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 5.6

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:oracle:linux:6:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:o:oracle:linux:7:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-doc:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-firmware:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/9/4

脆弱性公開日: 2018/4/11

参照情報

CVE: CVE-2018-13405, CVE-2018-10938, CVE-2018-15594, CVE-2018-10021