RHEL 7:qemu-kvm-rhev(RHSA-2016:0084)

high Nessus プラグイン ID 117310
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

2つのセキュリティ問題と3つのバグを修正する更新済みのqemu-kvmパッケージが、Red Hat Enterprise Virtualizationで利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度の評価を提供するCommon Vulnerability Scoring System(CVSS)のベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに確認できます。KVM(カーネルベース仮想マシン)は、AMD64およびIntel 64システムのLinux向けの完全な仮想化ソリューションです。qemu-kvm-rhevパッケージは、KVMを使用している仮想マシンを実行する場合に、ユーザー空間コンポーネントを提供します。QEMUのIDE AHCIエミュレーターが特定のAHCIネイティブコマンドキューイング(NCQ)AIOコマンドを処理する方法に、メモリ解放後使用(Use After Free)の欠陥が見つかりました。権限のあるゲストユーザーがこの欠陥を悪用して、QEMUプロセスインスタンスをクラッシュさせたり、QEMUプロセスの権限で、ホスト上で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2016-1568)QEMUのファームウェア構成デバイスのエミュレーションが特定のファームウェア構成を処理する方法に、領域外読み取り/書き込みの欠陥が発見されました。特権(CAP_SYS_RAWIO)ゲストユーザーがこの欠陥を悪用して、QEMU プロセスインスタンスをクラッシュさせたり、QEMUプロセスの権限で、ホスト上で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2016-1714)Red Hatは、CVE-2016-1568の問題を報告してくれたQihoo 360 Marvel TeamのQinghao Tang氏とCVE-2016-1714の問題を報告してくれたAlibabaのDonghai Zhu氏に感謝の意を表します。この更新は次のバグも修正しています:*画像ファイルの最終セクターが誤って処理されているため、qemu-imgでアサーション失敗が引き起こされる可能性があります。この更新は、最後のセクターの処理方法を変更することにより、アサーションエラーを予防します。(BZ#1299345)*以前はメモリホットプラグを複数回使用した後にゲストを再起動すると、quemu-kvmプロセスが予期せず終了し、再起動に失敗することがありました。この更新により問題が修正され、ホットプラグメモリ機能を使っているゲストも問題なく再起動ができます。(BZ#1288096)*OHCIドライバーが中断プロセス中に割り込みを受けたとき、割り込みが認識されませんでした。結果として、割り込みが繰り返し送られ、システムが応答しなくなることがありました。この更新では、中断プロセスに変更を加え、割り込みを認識するようにして、前述の問題を予防します。(BZ#1298971)qemu-kvm-rhevのすべてのユーザーは、更新されたパッケージにアップグレードすることをお勧めします。これらのパッケージには、問題を修正するバックポートされたパッチが含まれます。この更新プログラムをインストールした後、実行中の仮想マシンをすべてシャットダウンします。すべての仮想マシンをシャットダウンしたら、この更新プログラムを有効にするために再起動します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-1714

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2016:0084

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-1568

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 117310

ファイル名: redhat-RHSA-2016-0084.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/9/6

更新日: 2020/10/16

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:redhat:enterprise_linux:7:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:redhat:enterprise_linux:qemu-img-rhev:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:redhat:enterprise_linux:qemu-kvm-rhev:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:redhat:enterprise_linux:qemu-kvm-rhev-debuginfo:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:redhat:enterprise_linux:libcacard-devel-rhev:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:redhat:enterprise_linux:libcacard-rhev:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:redhat:enterprise_linux:libcacard-tools-rhev:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:redhat:enterprise_linux:qemu-kvm-common-rhev:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:redhat:enterprise_linux:qemu-kvm-tools-rhev:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2016/1/28

脆弱性公開日: 2016/4/7

参照情報

CVE: CVE-2016-1568, CVE-2016-1714

RHSA: 2016:0084