openSUSEセキュリティ更新プログラム:ImageMagick(openSUSE-2018-1038)

critical Nessus プラグイン ID 117686

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

ImageMagickのこの更新プログラムでは、以下の問題が修正されています:

次のセキュリティ脆弱性が修正されました:

- CVE-2018-16329:DoSにつながるGetMagickProperty関数でのNULLポインターデリファレンスを防止します(bsc#1106858)

- CVE-2018-16323:ReadXBMImageは、負のピクセル値を含むXBMファイルを処理する際に、データを初期化しませんでした。影響を受けるコードが、機密情報を含むプロセスにロードされるライブラリとして使用されると、その情報がイメージデータを介して漏洩する可能性があります(bsc#1106855)

- CVE-2018-14434:WriteMPCImageにおけるカラーマップのメモリリークを修正しました(bsc#1102003)

- CVE-2018-14435:coders/pcd.c内のDecodeImageにおけるメモリリークを修正しました(bsc#1102007)

- CVE-2018-14436:coders/miff.c内のReadMIFFImageにおけるメモリリークを修正しました(bsc#1102005)

- CVE-2018-14437:coders/meta.c内のparse8BIMにおけるメモリリークを修正しました(bsc#1102004)

- デフォルトのpolicy.xmlでPS、PS2、PS3、XPS、PDFコーダーを無効にします(bsc#1105592)

この更新プログラムは、SUSE: SLE-12: Update更新プロジェクトからインポートされました。

ソリューション

影響を受けるImageMagickパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1102003

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1102004

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1102005

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1102007

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1105592

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1106855

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1106858

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 117686

ファイル名: openSUSE-2018-1038.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/9/25

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-devel-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-extra, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-extra-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-3, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-3-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-3-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-3-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-devel-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-1, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-1-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-1-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-1-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-1, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-1-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-1-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-1-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:perl-PerlMagick, p-cpe:/a:novell:opensuse:perl-PerlMagick-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:42.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/9/24

参照情報

CVE: CVE-2018-14434, CVE-2018-14435, CVE-2018-14436, CVE-2018-14437, CVE-2018-16323, CVE-2018-16329