openSUSEセキュリティ更新プログラム:ImageMagick(openSUSE-2018-1108)

critical Nessus プラグイン ID 117975

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このImageMagickの更新では、次のセキュリティ問題を修正します:

- CVE-2018-16413:DoSにつながるPushShortPixel関数でのヒープベースのバッファオーバーリードを防止します(bsc#1106989)

- CVE-2018-16329:DoSにつながるGetMagickProperty関数でのNULLポインターデリファレンスを防止します(bsc#1106858)。

- CVE-2018-16328:DoSにつながるCheckEventLogging関数のNULLポインターデリファレンスを防止します(bsc#1106857)。

- CVE-2018-16323:ReadXBMImageは、負のピクセル値を含むXBMファイルを処理する際に、データを初期化しませんでした。影響を受けるコードが、機密情報を含むプロセスにロードされるライブラリとして使用されると、その情報がイメージデータを介して漏洩する可能性があります(bsc#1106855)

- CVE-2018-16642:関数InsertRowにより、リモート攻撃者が細工された画像ファイルを介して領域外書き込みによるサービス拒否を引き起こすことができました(bsc#1107616)

- CVE-2018-16640:ReadOneJNGImage関数のメモリリークを防ぎます(bsc#1107619)

- CVE-2018-16641:TIFFWritePhotoshopLayers関数のメモリリークを防ぎます(bsc#1107618)。

- CVE-2018-16643:機能ReadDCMImage、ReadPWPImage、ReadCALSImage、およびReadPICTImageではfputc関数の戻り値がチェックされませんでした。これにより、リモート攻撃者が細工されたイメージファイルを介してサービス拒否を引き起こすことができました(bsc#1107612)

- CVE-2018-16644:ReadDCMImageおよびReadPICTImage関数で欠落している長さチェックを追加しました。これにより、リモート攻撃者が細工されたイメージファイルを介してサービス拒否を引き起こすことができました(bsc#1107609)

- CVE-2018-16645:関数ReadBMPImageとReadDIBImageでの過剰なメモリ割り当ての問題を防止します。この問題により、リモート攻撃者が細工されたイメージファイルを介してサービス拒否を引き起こすことができました(bsc#1107604)。

この更新プログラムはSUSEからインポートされました:SLE-15:更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受けるImageMagickパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1106855

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1106857

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1106858

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1106989

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1107604

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1107609

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1107612

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1107616

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1107618

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1107619

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 117975

ファイル名: openSUSE-2018-1108.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/10/9

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-devel-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-extra, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-extra-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-7_q16hdri4, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-7_q16hdri4-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-7_q16hdri4-32bit-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-7_q16hdri4-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-devel-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-7_Q16HDRI6, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-7_Q16HDRI6-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-7_Q16HDRI6-32bit-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-7_Q16HDRI6-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-7_Q16HDRI6, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-7_Q16HDRI6-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-7_Q16HDRI6-32bit-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-7_Q16HDRI6-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:perl-PerlMagick, p-cpe:/a:novell:opensuse:perl-PerlMagick-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/10/5

参照情報

CVE: CVE-2018-16323, CVE-2018-16328, CVE-2018-16329, CVE-2018-16413, CVE-2018-16640, CVE-2018-16641, CVE-2018-16642, CVE-2018-16643, CVE-2018-16644, CVE-2018-16645