HPE Intelligent Management Center dbman Command 10001の情報漏えい

medium Nessus プラグイン ID 118038

概要

リモートホストで実行されているデータベースバックアップと復旧ツールは、情報漏えいの脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているHPE Intelligent Management Center(iMC)dbmanプロセスは、情報漏えいの脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、コマンドの10001リクエストを介して、SYSTEMまたはルートユーザーのセキュリティコンテキストにおいて任意のディレクトリのコンテンツを表示する可能性があります。リモートホストで実行されているHPE iMC dbmanプロセスがその他の脆弱性の影響も受けることが報告されていますが、このプラグインはそれについてテストしていません。

ソリューション

HPE iMCをバージョン7.3 E0703以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?f3575044

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 118038

ファイル名: hp_imc_dbman_cmd_10001_info_disclosure.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2018/10/10

更新日: 2022/4/11

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-5392

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:hp:intelligent_management_center

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

参照情報

CVE: CVE-2019-5392

TRA: TRA-2018-28

HP: HPESBHF03930