OracleVM 3.3/3.4:nss(OVMSA-2018-0264)

medium Nessus プラグイン ID 118051

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracleVMシステムには、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません:- ベンダーを変更するためにnss-vendor.patchを追加 - 期限切れのPayPalEE.certが更新されるまで一時的に一部のテストを無効化 -(CVE-2018-12384)のアップストリーム修正をバックポート - 誤りであることが判明したnss-lockcert-api-change.patchを削除(シンボルはlibnss からエクスポートされませんでした)- cert.hに戻ってCERT_LockCertTrustおよびCERT_UnlockCertTrustをリストア - 再構築 - 後方互換性のため従来のコード署名を信頼フラグに維持する - Windowsとの互換性のためPKCS#12の反復数を減少する - クライアントプロセスが実行中にトークンが再挿入される場合のデッドロックを修正 - 更新されたnss-softoknでのみ機能するテストを無視 - NSS 3.36リリースの修正tarballを使用 - 更新されたnss-softoknでのみ機能するEncryptDeriveTestを無視 - ssl.shで非FIPSテストケースとECCテストケースをスキップしない - NSS 3.36.0にリベース - NSS 3.36.0 BETAにリベース - アップストリームされたnss-is-token-present-race.patchを削除 - SQLデータベースにデフォルト設定するアップストリームの変更を戻す - race.patchおよびnss-3.16-token-init-race.patchを適切なアップストリーム修正に置き換える - nss_cyclesをsharedbに限定しない - NSS 3.34.0にリベース

ソリューション

影響を受けるnss/nss-sysinit/nss-toolsパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b587c29b

http://www.nessus.org/u?f394e86a

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 118051

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2018-0264.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2018/10/11

更新日: 2022/2/10

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-12384

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:nss, p-cpe:/a:oracle:vm:nss-sysinit, p-cpe:/a:oracle:vm:nss-tools, cpe:/o:oracle:vm_server:3.3, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/10/10

脆弱性公開日: 2019/4/29

参照情報

CVE: CVE-2018-12384