Cisco Prime Infrastructure TFTPの任意のファイルアップロードおよびコマンド実行の脆弱性(cisco-sa-20181003-pi-tftp)

critical Nessus プラグイン ID 118145

概要

リモートホストで実行されているCisco Prime Infrastructureアプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのホストで実行されているCisco Prime Infrastructureアプリケーションが任意のファイルアップロードの欠陥による影響を受けるため、リモートでコードが実行される脆弱性があります。これはさまざまなシステムフォルダに対する不適切なアクセス許可が原因で、TFTPを介してファイルをアップロードされる可能性があります。その後、そのファイルのコマンドは、ユーザーのプライムまたはルート権限レベルで実行する可能性があります。

ソリューション

Cisco Prime Infrastructureバージョン3.3.1にアップグレードしてください 02、3.4.1以降に更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?35ef295a

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 118145

ファイル名: cisco_prime_infrastructure_tftp_upload_rce.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: CISCO

公開日: 2018/10/16

更新日: 2019/11/1

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.2

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-15379

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cisco:prime_infrastructure

必要な KB アイテム: installed_sw/Prime Infrastructure, Services/udp/tftp

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/10/3

脆弱性公開日: 2018/10/3

エクスプロイト可能

Metasploit (Cisco Prime Infrastructure Unauthenticated Remote Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2018-15379

CISCO-SA: cisco-sa-20181003-pi-tftp

CISCO-BUG-ID: CSCvk24890