SSHプロトコル認証バイパス(リモートエクスプロイトチェック)

high Nessus プラグイン ID 118154

概要

リモートサーバーは、認証のバイパスに対して脆弱です。

説明

リモートのsshサーバーは、認証のバイパスに対して脆弱です。攻撃者が、通常のSSH2_MSG_USERAUTH_REQUESTメソッドで認証を開始する代わりにSSH2_MSG_USERAUTH_SUCCESSメッセージを提示することで、認証をバイパスする可能性があります。注意:この脆弱性の情報はlibsshのアドバイザリで公開されていますが、他のアプリケーションやソフトウェアパッケージにも当てはまることが確認されています。

ソリューション

libsshバージョン0.7.6/0.8.4以降にアップグレードしてください。または、製品ベンダーにお問い合わせください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?6f6b157e

http://www.nessus.org/u?505261f8

http://www.nessus.org/u?58a0f73d

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 118154

ファイル名: libssh_0_8_4_remote.nasl

バージョン: 1.20

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2018/10/17

更新日: 2022/2/8

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-1000805

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2018/10/16

参照情報

CVE: CVE-2018-10933, CVE-2018-1000805

BID: 105677, 106762

IAVA: 2018-A-0347-S