libssh 0.6.x/0.7.x < 0.7.6/0.8.x < 0.8.4の認証バイパス(リモートのバージョンチェック)

critical Nessus プラグイン ID 118155

概要

リモートサーバーは、認証のバイパスに対して脆弱です。

説明

バナーのバージョンによると、リモートのlibsshベースのサーバーは認証バイパスに対して脆弱です。攻撃者が、通常は認証を開始するSSH2_MSG_USERAUTH_REQUESTメソッドの代わりにSSH2_MSG_USERAUTH_SUCCESSメッセージを提示することで、認証をバイパスする可能性があります。Nessusでは、この欠陥を実際にはテストしておらず、その代わりにlibsshのバナーのバージョンに依存しているため、誤って検出された可能性がありますのでご注意ください。

ソリューション

libssh0.7.6/0.8.4以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?6f6b157e

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 118155

ファイル名: libssh_0_8_4.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2018/10/17

更新日: 2020/5/15

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-10933

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.1

Temporal Score: 8.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2018/10/16

参照情報

CVE: CVE-2018-10933

IAVA: 2018-A-0347-S