Juniper ScreenOS < 6.3.0r26における格納型クロスサイトスクリプティングの脆弱性(JSA10894)

medium Nessus プラグイン ID 118229

概要

リモートホストは、格納型クロスサイトスクリプティングの脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストで実行しているJuniper ScreenOSのバージョンは、6.3.0r26より前の6.3.xです。したがって、格納型クロスサイトスクリプティングの脆弱性による影響を受けます。注意:Nessusはこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号のみに依存しています。

ソリューション

Juniper ScreenOSをバージョン6.3.0r26以降にアップグレードしてください。または、ベンダーのアドバイザリに記載されている回避策を適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?9076ed3a

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 118229

ファイル名: screenos_JSA10894.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

ファミリー: Firewalls

公開日: 2018/10/19

更新日: 2019/11/1

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.5

Temporal Score: 2.6

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-0059

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:screenos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/ScreenOS/display_version, Host/Juniper/ScreenOS/version

除外される KB アイテム: Host/Juniper/ScreenOS/unsupported

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/10/10

脆弱性公開日: 2018/10/10

参照情報

CVE: CVE-2018-0059

JSA: JSA10894

IAVA: 2018-A-0343