SUSE SLES12セキュリティ更新プログラム:java-1_8_0-openjdk(SUSE-SU-2018:1690-2)

high Nessus プラグイン ID 118263

Language:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このjava-1_8_0-openjdkのバージョン8u171への更新では、次の問題を修正します:

次のセキュリティ問題が修正されました:

S8180881:逆シリアル化のパッケージングを改善します

S8182362:CipherOutputStreamの使用を更新します

S8183032:LittleCMS 2.9にアップグレードします

S8189123:より一貫したクラスローディング

S8189969、CVE-2018-2790、bsc#1090023:より良いマニフェストエントリを明示します

S8189977、CVE-2018-2795、bsc#1090025:権限の移植性を改善します

S8189981、CVE-2018-2796、bsc#1090026:キューの移植性を改善します

S8189985、CVE-2018-2797、bsc#1090027:テーブル形式のデータの移植性を改善します

S8189989、CVE-2018-2798、bsc#1090028:コンテナの移植性を改善します

S8189993、CVE-2018-2799、bsc#1090029:ドキュメントの移植性を改善します

S8189997、CVE-2018-2794、bsc#1090024:キーストアメカニズムを強化します

S8190478:インターフェイスメソッド選択が改善されました

S8190877:抽象クラスの処理を改善します

S8191696:マウスの配置を改善します

S8192025、CVE-2018-2814、bsc#1090032:指示参照を減らします

S8192030:MTSchemaのサポートを改善します

S8192757、CVE-2018-2815、bsc#1090033:スタブクラスの実装を改善します

S8193409:AES補助クラスを改善します

S8193414:MethodType検索の改善

S8193833、CVE-2018-2800、bsc#1090030:RMI接続サポートを改善します

その他の変更については、変更ログを参照してください。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP2-BCL:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP2-BCL-2018-1134=1

参考資料

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090030

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090032

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090033

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2790/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2794/

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1087066

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090023

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090024

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090025

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090026

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090027

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090028

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1090029

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2795/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2796/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2797/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2798/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2799/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2800/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2814/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-2815/

http://www.nessus.org/u?ceae8041

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 118263

ファイル名: suse_SU-2018-1690-2.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/10/22

更新日: 2022/2/7

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.1

Temporal Score: 3.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:H/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2018-2814

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.3

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-openjdk, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-openjdk-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-openjdk-demo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-openjdk-demo-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-openjdk-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-openjdk-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-openjdk-headless, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-openjdk-headless-debuginfo, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/10/18

脆弱性公開日: 2018/4/19

参照情報

CVE: CVE-2018-2790, CVE-2018-2794, CVE-2018-2795, CVE-2018-2796, CVE-2018-2797, CVE-2018-2798, CVE-2018-2799, CVE-2018-2800, CVE-2018-2814, CVE-2018-2815