SUSE SLES12セキュリティ更新プログラム:カーネル(SUSE-SU-2018:3470-1)

high Nessus プラグイン ID 118460

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このLinuxカーネル 4.4.121-92_95の更新では、いくつかの問題を修正します。

次のセキュリティ問題が解決されました:

CVE-2018-14633:ISCSIターゲットコードのchap_server_compute_md5()関数で、ISCSIイニシエーターからの認証リクエストの処理方法にセキュリティの欠陥があることがわかりました。認証されていないリモート攻撃者がスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こし、最大17バイトのスタックを破壊する可能性があります。この攻撃では、被害者のホストでiSCSIターゲットを有効にする必要があります。ターゲットコードの構築方法(コンパイラー、コンパイルフラグ、ハードウェアアーキテクチャなど)によっては、攻撃を受けてシステムがクラッシュし、サービス拒否が引き起こされたり、iSCSIターゲットによってエクスポートされたデータが不正にアクセスされたりする可能性があります。欠陥の性質上、権限昇格を完全に排除することはできませんが、起こる可能性は非常に低いと考えられます。(bsc#1107832)。

CVE-2018-5390:Linuxカーネルでは、すべての着信パケットでtcp_collapse_ofo_queue()およびtcp_prune_ofo_queue()に非常に負荷のかかる呼び出しを強制的に行うことがあり、サービス拒否につながる可能性があります(bsc#1102682)。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP2:zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP2-2018-2483=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP2-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP2-2018-2483=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1102682

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1107832

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-14633/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-5390/

http://www.nessus.org/u?a7b33763

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 118460

ファイル名: suse_SU-2018-3470-1.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/10/26

更新日: 2022/2/2

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 8.3

Temporal Score: 6.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-14633

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7

Temporal Score: 6.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:kgraft-patch-4_4_121-92_95-default, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/10/25

脆弱性公開日: 2018/8/6

参照情報

CVE: CVE-2018-14633, CVE-2018-5390