FreeBSD:OpenSSL -- 1.1ブランチの複数の脆弱性(238ae7de-dba2-11e8-b713-b499baebfeaf)

medium Nessus プラグイン ID 118496

言語:

概要

リモートのFreeBSDホストに1つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

OpenSSL プロジェクトによる報告:

ECDSA署名生成におけるタイミングの脆弱性(CVE-2018-0735):
OpenSSL ECDSA署名アルゴリズムは、タイミングサイドチャネル攻撃に対して脆弱であることがわかっています。攻撃者が署名アルゴリズムの変動を悪用し、秘密鍵を復元する可能性があります(優先度低)。

DSA署名生成におけるタイミングの脆弱性(CVE-2018-0734):
BNのサイズ変更時に発生するサイドチャネルを介して情報を漏洩するタイミング攻撃を回避します。BNで何かを行う前にBNのサイズを大きくすると、攻撃が抑制されます(重要度低)。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.openssl.org/news/secadv/20181029.txt

https://github.com/openssl/openssl/commit/8abfe72e

http://www.nessus.org/u?ca1e56e7

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 118496

ファイル名: freebsd_pkg_238ae7dedba211e8b713b499baebfeaf.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

公開日: 2018/10/30

更新日: 2022/2/2

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-0735

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:libressl, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:libressl-devel, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:openssl-devel, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:openssl111, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/10/29

脆弱性公開日: 2018/10/29

参照情報

CVE: CVE-2018-0734, CVE-2018-0735