Amazon Linux AMI:openssl(ALAS-2018-1098)

high Nessus プラグイン ID 118595

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

DH(E)ベースの暗号スイートを使用するTLSハンドシェイクにおける鍵合意の間に、悪意のあるサーバーが非常に大きな素数値をクライアントに送信する可能性があります。これによってクライアントはこの素数のための鍵を生成することに不要に長い時間を費やし、それが終了するまでハング状態になります。これは、サービス拒否攻撃の手段として悪用される可能性があります。(CVE-2018-0732)

ソリューション

「yum update openssl」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2018-1098.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 118595

ファイル名: ala_ALAS-2018-1098.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/11/2

更新日: 2022/1/31

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-0732

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:openssl, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-perl, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-static, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/10/30

脆弱性公開日: 2018/6/12

参照情報

CVE: CVE-2018-0732

ALAS: 2018-1098