Scientific Linux セキュリティ更新: SL7.x x86_64のbinutils(20181030)

high Nessus プラグイン ID 119179
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのScientific Linuxホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

セキュリティ修正プログラム:

- binutils: coffgen.c:coff_pointerize_aux()での不適切な境界チェックによって、細工されたCOFFファイルを解析するときにサービス拒否の可能性があります。(CVE-2018-7208)

- binutils: libbfdライブラリにおけるdwarf1デバッグ情報が破損したELFファイルによる整数オーバーフロー(CVE-2018-7568)

- binutils: libbfdライブラリの破損したDWARF FORMブロックが存在するELFファイルによる整数オーバーフロー(CVE-2018-7569)

- binutils: クラッシュが生じるaoutx.hでswap_std_reloc_in関数におけるNULLポインタ間接参照(CVE-2018-7642)

- binutils: display_debug_ranges関数におけるクラッシュを引き起こす整数オーバーフロー(CVE-2018-7643)

- binutils: 細工された実行可能ファイルによるelf.c: bfd_section_from_shdr()のクラッシュ(CVE-2018-8945)

- binutils: dwarf.c:process_cu_tu_index()のヒープベースのバッファオーバーリードにより、細工されたファイルを介したサービス拒否の可能性があります。(CVE-2018-10372)

- binutils: dwarf2.c:concat_filename()のNULLポインターデリファレンスにより、細工されたファイルを介したサービス拒否の可能性があります。(CVE-2018-10373)

- binutils: peXXigen.cファイルの領域外メモリ書き込み(CVE-2018-10534)

- binutils: elf.cにおけるNULLポインターデリファレンス(CVE-2018-10535)

- binutils: nmの実行における制御されないリソース消費(CVE-2018-13033)

ソリューション

影響を受けるbinutils、binutils-debuginfoやbinutils-develパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4528db8f

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 119179

ファイル名: sl_20181030_binutils_on_SL7_x.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/11/27

更新日: 2020/7/1

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:binutils, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:binutils-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:binutils-devel, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/10/30

脆弱性公開日: 2018/2/18

参照情報

CVE: CVE-2018-10372, CVE-2018-10373, CVE-2018-10534, CVE-2018-10535, CVE-2018-13033, CVE-2018-7208, CVE-2018-7568, CVE-2018-7569, CVE-2018-7642, CVE-2018-7643, CVE-2018-8945