Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise kernel(ELSA-2018-4288)

medium Nessus プラグイン ID 119279
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更点の説明:[4.1.12-124.22.4.el7uek] - 8bd274934987のコミットを元に戻す(「block: fix bdiとgendiskとの有効期間のミスマッチ」)(Ashish Samant)[Orabug:28968102] - KVM/x86:IBPBサポートを追加(Ashok Raj)[Orabug:28703712] - x86/intel/spectre_v2:不要なretp_compiler()テストを削除(Boris Ostrovsky)[Orabug:28814570] - x86/intel/spectre_v4:spec_store_bypass_disable=userspaceを廃止(Boris Ostrovsky)[Orabug:28814570] - x86/speculation:x86_spec_ctrl_setは無条件で呼び出しを受ける必要がある(Boris Ostrovsky)[Orabug:28814570] - x86/speculation:使用されないDISABLE_IBRS_CLOBBERマクロを削除(Boris Ostrovsky)[Orabug:28814570] - x86/intel/spectre_v4:IBRSが使用されているときにSPEC_CTRL_SSBDを保持(Boris Ostrovsky)[Orabug:28814570][4.1.12-124.22.3.el7uek] - net:net_failover:net_failover_slave_register()内の入力ミスを修正(Liran Alon)[Orabug:28122104] - virtio_net:virtioを拡張して、利用できるときはVFデータパスを使用(Sridhar Samudrala)[Orabug:28122104] - virtio_net:VIRTIO_NET_F_STANDBY機能のビットを導入(Sridhar Samudrala)[Orabug:28122104] - net:net_failoverドライバーを導入(Sridhar Samudrala)[Orabug:28122104] - net:genericフェールオーバーモジュールを導入(Sridhar Samudrala)[Orabug:28122104] - net:LAG lowerの下位状態の変更された情報構造を導入(Jiri Pirko)[Orabug:28122104] - net:下位状態の変更通知機能を導入(Jiri Pirko)[Orabug:28122104] - net:LAG changeupperの情報構造を追加(Jiri Pirko)[Orabug:28122104] - net:通知機能を介して上位デバイスの情報を渡す可能性を追加(Jiri Pirko)[Orabug:28122104] - net:CHANGEUPPER通知機能からの戻り値を確認(Ido Schimmel)[Orabug:28122104] - net:上位デバイスの通知機能の変更情報を導入(Jiri Pirko)[Orabug:28122104] - x86/bugs:x86_spec_ctrl_setを再構築して変更部分を明確化(Daniel Jordan)[Orabug:28271063] - x86/bugs:ssbd_ibrs_selectedをssbd_userspace_selectedに名前変更(Daniel Jordan)[Orabug:28271063] - x86/bugs:spec ctrl MSRを設定するときはx86_spec_ctrl_baseまたは_privを常に使用(Daniel Jordan)[Orabug:28271063] - xen-blkfront:negotiate_mqエラーパスでカーネルパニックを修正(Manjunath Patil)[Orabug:28798861] - scsi:lpfc:MDS diagとnvmet構成を修正(James Smart)[Orabug:28855939] - scsi:virtio_scsi:ホストに例外的な処理を許可(Paolo Bonzini)[Orabug:28856913] - net/rds:無限のRNR状態を修正する(Venkat Venkatsubra)[Orabug:28857027] - scsi:sg: sg_build_indirect()の__GFP_ZEROを使用して割り当てる(Alexander Potapenko)[Orabug:28892656] {CVE-2018-1000204} - cdrom:情報漏えいを引き起こす可能性のある不適切な型のキャストを修正。(Young_X)[Orabug:28929767] {CVE-2018-16658} {CVE-2018-10940} {CVE-2018-18710}

ソリューション

影響を受けるUnbreakable Enterprise Kernelパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2018-November/008310.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2018-November/008311.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 119279

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2018-4288.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/11/29

更新日: 2020/6/24

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-1000204

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.3

Temporal Score: 4.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:S/C:C/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:oracle:linux:6:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:o:oracle:linux:7:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-doc:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-firmware:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/11/28

脆弱性公開日: 2018/5/9

参照情報

CVE: CVE-2018-1000204, CVE-2018-16658, CVE-2018-10940, CVE-2018-18710