RHEL 6:Red Hat OpenShift Enterprise 2.2.8(RHSA-2015:2666)

medium Nessus プラグイン ID 119366
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのRed Hatホストに1つまたは複数のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

1つのセキュリティの問題といくつかのバグを修正し、拡張機能を導入したRed Hat OpenShift Enterpriseリリース2.2.8が利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度の評価を提供するCommon Vulnerability Scoring System(CVSS)のベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに確認できます。Red Hatが提供するOpenShift Enterpriseは、オンプレミスまたはプライベートクラウド展開用に設計された、同社のクラウドコンピューティングのサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)ソリューションです。このリリースでは、次のセキュリティ問題に対処しています:HAProxyのbuffer_slow_realign()関数内で、リクエストおよび応答のメモリ管理に関する実装エラーが見つかりました。認証されていないリモートの攻撃者がこの欠陥を悪用し、過去のリクエストまたはセッションからの特定のメモリバッファコンテンツを漏えいする可能性があります。(CVE-2015-3281)スペースの関係上、これらのバグ修正がすべてこのアドバイザリに記載されているわけではありません。これらの変更の詳細については、『OpenShift Enterpriseテクニカルノート』を参照してください。これは、リリース2.2.8で間もなく更新されます:https://access.redhat.com/documentation/en-US/OpenShift_Enterprise/2/html-single/Technical_Notes/index.html:OpenShift Enterprise 2のすべてのユーザーは、これらの更新済みパッケージにアップグレードすることが推奨されます。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2015:2666

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3281

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 119366

ファイル名: redhat-RHSA-2015-2666.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/12/4

更新日: 2020/6/11

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:haproxy15side, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:haproxy15side-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openshift-enterprise-release, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openshift-enterprise-upgrade-broker, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openshift-enterprise-upgrade-node, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openshift-enterprise-yum-validator, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openshift-origin-broker-util, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openshift-origin-cartridge-haproxy, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openshift-origin-cartridge-jbosseap, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openshift-origin-cartridge-jbossews, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openshift-origin-cartridge-python, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openshift-origin-node-util, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rubygem-openshift-origin-common, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rubygem-openshift-origin-controller, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rubygem-openshift-origin-node, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rubygem-openshift-origin-routing-daemon, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/12/17

脆弱性公開日: 2015/7/6

参照情報

CVE: CVE-2015-3281

RHSA: 2015:2666