Amazon Linux AMI:poppler(ALAS-2018-1110)

medium Nessus プラグイン ID 119469

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Annot.hのAnnotPath::getCoordsLength関数に、NULLポインターデリファレンスがあります。細工された入力によって、リモートのサービス拒否攻撃を仕掛けられる可能性があります。(CVE-2018-10768)Popplerのfofi/FoFiType1C.ccのFoFiType1C::cvtGlyph関数では、pdfuniteで実証されたように、リモートの攻撃者が細工したPDFファイルを使用して、サービス拒否(無限再帰)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-18267)Popplerには、pdfuniteで実証されたように、メモリスペースにマッピングされていない不適切なメモリアクセスが原因となり、領域外読み取りの脆弱性が含まれます。これにより、メモリの破損とサービス拒否が引き起こされる可能性があります。これは、被害者が特別に細工されたPDFファイルを開くときに悪用される場合があります。(CVE-2018-13988)

ソリューション

「yum update poppler」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2018-1110.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 119469

ファイル名: ala_ALAS-2018-1110.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/12/7

更新日: 2019/4/5

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:poppler, p-cpe:/a:amazon:linux:poppler-cpp, p-cpe:/a:amazon:linux:poppler-cpp-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:poppler-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:poppler-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:poppler-glib, p-cpe:/a:amazon:linux:poppler-glib-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:poppler-utils, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/12/7

脆弱性公開日: 2018/5/6

参照情報

CVE: CVE-2017-18267, CVE-2018-10768, CVE-2018-13988

ALAS: 2018-1110