Amazon Linux AMI:java-1.7.0-openjdk(ALAS-2018-1111)

medium Nessus プラグイン ID 119470
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embedded、JRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:JSSE)。影響を受けるサポート対象のバージョンはJava SE:6u201、7u191、8u182、11。Java SE Embedded:8u181。JRockit:R28.3.19。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者がSSL/TLSを介してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この脆弱性を悪用した攻撃が成功すると、一部のJava SE、Java SE Embedded、JRockitのアクセス可能データに対して、権限なく更新、挿入、削除する、Java SE、Java SE Embedded、JRockitのアクセス可能データのサブセットに対して権限なく読み取りアクセスする、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的サービス拒否(部分的DOS)を権限なく引き起こすなどの可能性があります。注意:この脆弱性が該当するのは、通常、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションまたはサンドボックス化されたJavaアプレットを(Java SE 8で)実行しているクライアントで、信頼できないコード(インターネットからのコードなど)を読み込んで実行し、セキュリティをJavaサンドボックスに依存しているJavaデプロイメントです。この脆弱性は、たとえばAPIにデータを提供するWebサービスを通して、指定されたコンポーネント内のAPIを使用することによって悪用される可能性もあります。CVSS 3.0ベーススコア5.6(機密性、整合性、可用性の影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L)。(CVE-2018-3180)Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embeddedコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:ネットワーキング)。影響を受けるサポート対象のバージョンはJava SE:6u201、7u191、8u182、11。Java SE Embedded:8u181。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embeddedを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embeddedaがアクセスできるデータのサブセットに対して、権限なしで読み取りアクセスされる可能性があります。注意:この脆弱性が該当するのは、通常、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションまたはサンドボックス化されたJavaアプレットを(Java SE 8で)実行しているクライアントで、信頼できないコード(インターネットからのコードなど)を読み込んで実行し、セキュリティをJavaサンドボックスに依存しているJavaデプロイメントです。この脆弱性は、通常サーバーで信頼できるコード(管理者がインストールしたコードなど)のみを読み込んで実行するJavaデプロイメントには存在しません。CVSS 3.0ベーススコア3.1(機密性に影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:L/I:N/A:N)(CVE-2018-3139)Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embedded、JRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:音)影響を受けるサポート対象のバージョンはJava SE:6u201、7u191、8u182、Java SE Embedded:8u181、JRockit:R28.3.19です。容易に悪用可能な脆弱性を使用して、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注意:この脆弱性が該当するのは、通常サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションまたはサンドボックス化されたJavaアプレットを(Java SE 8で)実行しているクライアントで、信頼できないコード(インターネットからのコードなど)を読み込んで実行し、セキュリティをJavaサンドボックスに依存しているJavaデプロイメントです。この脆弱性は、たとえばAPIにデータを提供するWebサービスを通して、指定されたコンポーネント内のAPIを使用することによって悪用される可能性もあります。CVSS 3.0ベーススコア5.3(可用性に影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L)(CVE-2018-3214)Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embeddedコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:ホットスポット)影響を受けるサポート対象のバージョンはJava SE:7u191、8u182、11、Java SE Embedded:8u181です。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embeddedを侵害する可能性があります。攻撃を成功させるには攻撃者以外の人間の関与が必要であり、脆弱性が存在するのはJava SE、Java SE Embeddedであるものの、攻撃が他の製品に大きな影響を与える可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SEおよびJava SE Embeddedの乗っ取りが発生する可能性があります。注意:この脆弱性が該当するのは、通常、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションまたはサンドボックス化されたJavaアプレットを(Java SE 8で)実行しているクライアントで、信頼できないコード(インターネットからのコードなど)を読み込んで実行し、セキュリティをJavaサンドボックスに依存しているJavaデプロイメントです。この脆弱性は、通常サーバーで信頼できるコード(管理者がインストールしたコードなど)のみを読み込んで実行するJavaデプロイメントには存在しません。CVSS 3.0ベーススコア8.3(機密性、整合性、可用性の影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H)。(CVE-2018-3169)Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embeddedコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:セキュリティ)。影響を受けるサポート対象のバージョンはJava SE:6u201、7u191、8u182、11。Java SE Embedded:8u181。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embeddedを侵害する可能性があります。攻撃を成功させるには攻撃者以外の人間の関与が必要であり、脆弱性が存在するのはJava SE、Java SE Embeddedであるものの、攻撃が他の製品に大きな影響を与える可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embeddedがアクセスできるデータの一部が、権限なしで更新、挿入、削除される可能性があります。注意:この脆弱性が該当するのは、通常、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションまたはサンドボックス化されたJavaアプレットを(Java SE 8で)実行しているクライアントで、信頼できないコード(インターネットからのコードなど)を読み込んで実行し、セキュリティをJavaサンドボックスに依存しているJavaデプロイメントです。この脆弱性は、通常サーバーで信頼できるコード(管理者がインストールしたコードなど)のみを読み込んで実行するJavaデプロイメントには存在しません。CVSS 3.0ベーススコア3.4(整合性への影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:C/C:N/I:L/A:N)。(CVE-2018-3136)Oracle Java SEのJava SE、Java SE Embedded、JRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:JNDI)。影響を受けるサポート対象のバージョンはJava SE:6u201、7u191、8u182、11。Java SE Embedded:8u181。JRockit:R28.3.19。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。攻撃を成功させるには攻撃者以外の人間の関与が必要であり、脆弱性が存在するのはJava SE、Java SE Embedded、JRockitですが、攻撃が他の製品に大きな影響を与える可能性があります。この脆弱性への攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの乗っ取りが発生する可能性があります。注意:この脆弱性が該当するのは、通常、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションまたはサンドボックス化されたJavaアプレットを(Java SE 8で)実行しているクライアントで、信頼できないコード(インターネットからのコードなど)を読み込んで実行し、セキュリティをJavaサンドボックスに依存しているJavaデプロイメントです。この脆弱性は、たとえばAPIにデータを提供するWebサービスを通して、指定されたコンポーネント内のAPIを使用することによって悪用される可能性もあります。CVSS 3.0ベーススコア8.3(機密性、整合性、可用性の影響)CVSSベクトル:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H)。(CVE-2018-3136)コードベースの制限(JNDI、8199177

ソリューション

「yum update java-1.7.0-openjdk」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2018-1111.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 119470

ファイル名: ala_ALAS-2018-1111.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/12/7

更新日: 2020/6/9

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-3180

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.6

Temporal Score: 4.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.7.0-openjdk, p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.7.0-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.7.0-openjdk-demo, p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.7.0-openjdk-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.7.0-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.7.0-openjdk-src, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/12/7

脆弱性公開日: 2018/10/17

参照情報

CVE: CVE-2018-3136, CVE-2018-3139, CVE-2018-3149, CVE-2018-3169, CVE-2018-3180, CVE-2018-3214

ALAS: 2018-1111