OracleVM 3.3/3.4:ghostscript(OVMSA-2018-0285)

high Nessus プラグイン ID 119484

概要

リモートのOracleVMホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのOracleVMシステムには、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません:- CVE-2018-16509の修正は完全ではないことがわかり、欠落した部分がghostscript-CVE-2018-16509.patchに追加されました - 解決:#1641124 - CVE-2018-16509 ghostscript: /invalidaccessは失敗した復元の後バイパス - CVE-2017-8291のセキュリティ修正を追加(バグ#1446063)

ソリューション

影響を受けるghostscriptパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?33457c2d

http://www.nessus.org/u?2fef182f

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 119484

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2018-0285.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2018/12/7

更新日: 2022/5/27

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-16509

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:ghostscript, cpe:/o:oracle:vm_server:3.3, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/12/6

脆弱性公開日: 2017/4/27

CISAの既知の悪用日: 2022/6/14

エクスプロイト可能

Metasploit (Ghostscript Failed Restore Command Execution)

参照情報

CVE: CVE-2017-8291, CVE-2018-16509