H3C/HPE Intelligent Management Center PLAT < 7.3 E0605P06の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 119501
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストにインストールされているネットワーク管理アプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているHPE Intelligent Management Center(iMC)PLATのバージョンは、7.3 E0605P06より前です。したがって、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。- リクエストメッセージを復号するときユーザー指定データの長さが不適切に検証されているため、dbmanプロセスにスタックベースのバッファオーバーフロー状態が存在します。認証されていないリモートの攻撃者が、特別に細工されたリクエストを介してこれを悪用し、サービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2018-7114)- デバッグログにデータを書き込むとき、ユーザー指定データの長さが不適切に検証されているため、dbmanプロセスにスタックベースのバッファオーバーフロー状態が存在します。認証されていないリモートの攻撃者が、特別に細工されたリクエストを介してこれを悪用し、サービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2018-7115)- AsnPlatManualRestoreReqContent ASN.1メッセージを処理するとき、ユーザー指定データの長さが不適切に検証されているため、dbmanプロセスにサービス拒否(DoS)の脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたリクエストを使用して、プロセスを終了させ、再起動する可能性があります。(CVE-2018-7116)Intelligent Management Center(iMC)はHPE製品ですが、H3Cとしてブランド化されています。

ソリューション

H3C/HPE iMCバージョン7.3 E0605P06以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?633d9824

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 119501

ファイル名: hp_imc_73_e0605p06.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2018/12/10

更新日: 2019/11/1

依存関係: hp_imc_detect.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-7114

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:hp:intelligent_management_center

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/11/29

脆弱性公開日: 2018/11/29

参照情報

CVE: CVE-2018-7114, CVE-2018-7115, CVE-2018-7116