OracleVM 3.4:Unbreakable/etc(OVMSA-2018-0286)

high Nessus プラグイン ID 119566

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracleVMシステムには、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません:- xfs:xfs_da_shrink_inodeをNULL bpとともに呼び出さない(Eric Sandeen)[Orabug:28898616](CVE-2018-13094)- ALSA:rawmidi:原子的にサイズ変更したバッファを変更(Takashi Iwai)[Orabug:28898636](CVE-2018-10902)- md/raid5:stripeバッチで競合状態を修正(Shaohua Li)[Orabug:28917012] - xfs:ATTR_REPLACE中に短い形式のattrを長い形式に変換するときに失敗しないようにする(Darrick J. Wong)[Orabug:28924091](CVE-2018-18690)- certs:Oracleの新しいX509 certをカーネルキーリングに追加(Eric Snowberg)[Orabug:28926203] - block:bdiとgendiskの有効期間のミスマッチを修正(Shan Hai)[Orabug:28945039] - 次のエントリーを「uek-rpm/ol[67]/nano_modules.list」に追加:kernel/drivers/net/net_failover.ko kernel/net/core/failover.ko Fixes:b3bc7c163fc9(「net:genericフェイルオーバーモジュールを導入」)(Vijay Balakrishna)[Orabug:28953351] - floppy:カーネルポインターをFDGETPRM ioctlのユーザーメモリにコピーしない(Andy Whitcroft)[Orabug:28956547](CVE-2018-7755)(CVE-2018-7755)- iov_iter:csumエラーの場合、iovバッファを元に戻さない(Ding Tianhong)[Orabug:28960296] - crypto:salsa20 - blkcipher_walkのAPI使用を修正(Eric Biggers)[Orabug:28976583](CVE-2017-17805)- crypto:hmac - 基礎となるハッシュアルゴリズムがunkeyedであることを要求(Eric Biggers)[Orabug:28976653](CVE-2017-17806)

ソリューション

影響を受けるkernel-uek/kernel-uek-firmwareパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?9322ac99

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 119566

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2018-0286.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2018/12/11

更新日: 2020/4/28

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/12/10

脆弱性公開日: 2017/12/20

参照情報

CVE: CVE-2017-17805, CVE-2017-17806, CVE-2018-10902, CVE-2018-13094, CVE-2018-18690, CVE-2018-7755