Mozilla Firefox < 64.0の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 119604
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのWindowsホストにインストールされているWebブラウザーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのWindowsホストにインストールされているMozilla Firefoxのバージョンは64.0より前です。したがって、mfsa2018-29のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。- VertexBuffer11モジュールを使用している際、WebGLコンテンツに使用されるANGLEグラフィックスライブラリを使用して要素を描画および検証すると、バッファオーバーフローが発生します。これにより、悪用可能なクラッシュが引き起こされる可能性があります。(CVE-2018-12407)- WebGLコンテンツに使用されるANGLEグラフィックスライブラリ内のTextureStorage11で、バッファオーバーフローと領域外読み取りが発生する可能性があります。これにより、悪用可能なクラッシュが引き起こされる可能性があります。(CVE-2018-17466) - オプションコレクションのselect要素への参照が弱いため、選択要素を削除した後にメモリ解放後使用(use-after-free)の脆弱性が発生する可能性があります。これにより、悪用可能なクラッシュが引き起こされる可能性があります。(CVE-2018-18492)- 64ビットではなく32ビット計算を使用するため、ハードウェアアクセラレーションキャンバス2Dアクションによるバッファオフセットの計算中にSkiaライブラリでバッファオーバーフローが発生する可能性があります。これにより、悪用可能なクラッシュが引き起こされる可能性があります。(CVE-2018-18493)- Javascript locationプロパティを使用したときに、オリジン間URLエントリの盗難が可能となる同一オリジンポリシーの違反。performance.getEntries()を使用した別のサイトへのリダイレクションが発生します。これは同一オリジンポリシーの違反であり、データ盗難の可能性があります。(CVE-2018-18494)- 特定の状況で、WebExtensionコンテンツスクリプトをabout:ページに読み込むことが可能です。これは、拡張機能に付与された権限に違反します。これにより、拡張機能がこれらのページの読み込みと使用を妨害し、拡張機能から制限されている機能を使用する可能性があります。(CVE-2018-18495)- RSSフィードプレビューabout:feedsページが別のページ内に囲まれている場合、スクリプト化されたコンテンツと合わせて使用してクリックジャッキング攻撃を発生させることができます。これにより、ユーザーが一時ディレクトリから実行可能ファイルをダウンロードおよび実行するときに混乱が生じます。*注意:この問題はWindowsオペレーティングシステムにのみ影響します。他のオペレーティングシステムは影響を受けません。*(CVE-2018-18496)- URLフィールドのパイプを拡張機能で使用した場合に、browser.windows.create APIによってWebExtensionsに許可されたURIの制限がバイパスされ、複数のページが単一の引数として読み込まれる可能性があります。これにより、悪意のあるWebExtensionが、権限が必要なabout:またはfile:の場所を開く可能性があります。(CVE-2018-18497) - チェックされた値ではなく未加工の値が使用されると、画像のバッファサイズの計算中に、整数オーバーフローにつながる潜在的な脆弱性が発生する可能性があります。これは領域外書き込みにつながる可能性があります。(CVE-2018-18498)- about:crashcontentおよびabout:crashparentのページが、Webコンテンツによってトリガーされる可能性があります。これらのページはテスト目的で読み込まれたページまたはブラウザーをクラッシュさせるために使用されます。この問題により、これらのページにリンクしている悪意のあるサイトによって、永続的ではないサービス拒否(DOS)攻撃が可能になります。(CVE-2018-18510)- Mozilla開発者とコミュニティメンバーのAlex Gaynor、Andr Bargull、Boris Zbarsky、Christian Deler、Jan de Mooij、Jason Kratzer、Philipp、Ronald Crane、Natalia Csoregi、Paul Theriaultは、Firefox 63に存在するメモリの安全性のバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることにより、これらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。(CVE-2018-12406)- Mozilla開発者とコミュニティメンバーのChristian Holler、Diego Calleja、Andrew McCreight、Jon Coppeard、Jed Davis、Natalia Csoregi、Nicolas B. Pierron、Tyson Smithは、Firefox 63とFirefox ESR 60.3に存在するメモリの安全性のバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることにより、これらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。(CVE-2018-12405)Nessusはこの問題をテストしてしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Mozilla Firefoxバージョン64.0以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2018-29/

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1422231

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1427585

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1434490

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1456947

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1458129

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1475669

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1481745

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1487964

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1488180

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1488295

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1494752

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1498765

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1499198

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1499861

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1500011

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1500064

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1500310

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1500696

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1500759

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1502013

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1502886

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1503082

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1503326

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1504365

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1504452

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1504816

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1505181

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1505973

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1506640

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1507702

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1510471

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 119604

ファイル名: mozilla_firefox_64_0.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2018/12/12

更新日: 2019/11/1

依存関係: mozilla_org_installed.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-18498

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:firefox

必要な KB アイテム: Mozilla/Firefox/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/12/11

脆弱性公開日: 2018/12/11

参照情報

CVE: CVE-2018-12405, CVE-2018-12406, CVE-2018-12407, CVE-2018-17466, CVE-2018-18492, CVE-2018-18493, CVE-2018-18494, CVE-2018-18495, CVE-2018-18496, CVE-2018-18497, CVE-2018-18498, CVE-2018-18510

MFSA: 2018-29