macOS 10.14.x < 10.14.2の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 119841

概要

リモートホストに、複数のセキュリティ脆弱性を修正するmacOSの更新プログラムがありません。

説明

リモートホストは10.14.2より前の10.14.xのバージョンのmacOS/Mac OS Xを実行しています。したがって、以下のコンポーネントに関連する複数の脆弱性による影響を受けます。- Airport - AMD - Carbon Core - Disk Images - Intel Graphics Driver - Kernel - WindowServer 注意:最も深刻な問題の悪用が成功すると、任意のコードが実行される可能性があります。

ソリューション

macOSバージョン10.14.2以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://support.apple.com/en-us/HT209341

http://www.nessus.org/u?9fcc92ca

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 119841

ファイル名: macos_10_14_2.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: combined

エージェント: macosx

公開日: 2018/12/21

更新日: 2022/1/26

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-4465

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:apple:mac_os_x, cpe:/o:apple:macos

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/12/5

脆弱性公開日: 2018/12/5

参照情報

CVE: CVE-2018-4303, CVE-2018-4431, CVE-2018-4434, CVE-2018-4435, CVE-2018-4447, CVE-2018-4449, CVE-2018-4450, CVE-2018-4460, CVE-2018-4461, CVE-2018-4462, CVE-2018-4463, CVE-2018-4465

APPLE-SA: APPLE-SA-2018-12-05-2

IAVA: 2021-A-0356-S