Debian DLA-1618-1: libsndfileのセキュリティ更新

high Nessus プラグイン ID 119878

概要

リモートの Debian ホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

標本化サウンドを含むファイルの読み取りおよび書き込み用のライブラリであるlibsndfileに、複数の脆弱性が見つかりました。

CVE-2017-8361

flac_buffer_copy関数(flac.c)は、バッファオーバーフローの影響を受けます。この脆弱性がリモート攻撃者により利用されて、細工されたオーディオファイルを介してサービス拒否が引き起こされたり、詳細不明なその他の影響を受けたりする可能性があります。

CVE-2017-8362

flac_buffer_copy関数(flac.c)は、領域外読み取りの脆弱性の影響を受けます。この欠陥がリモート攻撃者により利用されて、細工されたオーディオファイルを介してサービス拒否が引き起こされる可能性があります。

CVE-2017-8363

flac_buffer_copy関数(flac.c)は、ヒープベースのOOB読み取りの脆弱性の影響を受けます。この欠陥がリモート攻撃者により利用されて、細工されたオーディオファイルを介してサービス拒否が引き起こされる可能性があります。

CVE-2017-8365

i2les_array関数(pcm.c)は、グローバルバッファオーバーフローの影響を受けます。この脆弱性がリモート攻撃者により利用されて、細工されたオーディオファイルを介してサービス拒否が引き起こされたり、詳細不明なその他の影響を受けたりする可能性があります。

CVE-2017-14245 CVE-2017-14246 CVE-2017-17456 CVE-2017-17457

d2alaw_array()関数とd2ulaw_array()関数(src/ulaw.cおよびsrc/alaw.c)は、領域外読み取りの脆弱性の影響を受けます。この欠陥がリモート攻撃者により利用されて、細工されたオーディオファイルを介してサービス拒否または情報漏洩が引き起こされる可能性があります。

CVE-2017-14634

double64_init()関数(double64.c)は、ゼロ除算エラーの影響を受けます。この脆弱性がリモート攻撃者により利用されて、細工されたオーディオファイルを介してサービス拒否が引き起こされる可能性があります。

CVE-2018-13139

psf_memset関数(common.c)は、スタックベースのバッファオーバーフローの影響を受けます。この脆弱性がリモート攻撃者により利用されて、細工されたオーディオファイルを介してサービス拒否が引き起こされたり、詳細不明なその他の影響を受けたりする可能性があります。この脆弱性は、実行可能ファイルのsndfile-deinterleaveによって引き起こされる可能性があります。

CVE-2018-19432

sf_write_int関数(src/sndfile.c)は、領域外読み取りの脆弱性の影響を受けます。この欠陥がリモート攻撃者により利用されて、細工されたオーディオファイルを介してサービス拒否が引き起こされる可能性があります。

CVE-2018-19661 CVE-2018-19662

i2alaw_array()関数とi2ulaw_array()関数(src/ulaw.cおよびsrc/alaw.c)は、領域外読み取りの脆弱性の影響を受けます。この欠陥がリモート攻撃者により利用されて、細工されたオーディオファイルを介してサービス拒否または情報漏洩が引き起こされる可能性があります。

Debian 8「Jessie」では、これらの問題はバージョン1.0.25-9.1+deb8u2で修正されました。

libsndfileパッケージをアップグレードすることをお勧めします。

注: Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをDLAセキュリティアドバイザリーから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージをアップグレードしてください。

関連情報

https://lists.debian.org/debian-lts-announce/2018/12/msg00016.html

https://packages.debian.org/source/jessie/libsndfile

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 119878

ファイル名: debian_DLA-1618.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/12/27

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:libsndfile1, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libsndfile1-dbg, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libsndfile1-dev, p-cpe:/a:debian:debian_linux:sndfile-programs, p-cpe:/a:debian:debian_linux:sndfile-programs-dbg, cpe:/o:debian:debian_linux:8.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/12/26

脆弱性公開日: 2017/4/30

参照情報

CVE: CVE-2017-14245, CVE-2017-14246, CVE-2017-14634, CVE-2017-17456, CVE-2017-17457, CVE-2017-8361, CVE-2017-8362, CVE-2017-8363, CVE-2017-8365, CVE-2018-13139, CVE-2018-19432, CVE-2018-19661, CVE-2018-19662