SUSE SLED15 / SLES15 Security Update : MozillaFirefox (SUSE-SU-2018:2890-1)

critical Nessus プラグイン ID 120110

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

このMozillaFirefoxのESR60.2への更新では、いくつかの問題を修正します。

これらの一般的な変更は、バージョン60リリースの一部です。

速度が改善された新しいブラウザエンジン

再設計されたグラフィカルユーザーインターフェイス要素

新規インストール用のアドレスと検索バーの統合

最もアクセス件数の多いページ、最近アクセスされたページ、および推奨ページをリストする新しいタブページ

JSONファイルを介したエンタープライズ展開での構成ポリシーをサポートします

Web認証をサポートすることにより、Webサイト認証にUSBトークンの使用が許可されます

以下の変更は、互換性に影響を与えます:WebExtension APIを使用して構築された拡張機能を独占的にサポートするようになりました。

サポートされていないレガシー拡張機能が、Firefox 60 ESRでは機能しなくなりました

2016年6月1日より前にSymantecに発行されたTLS証明書は信頼されなくなりました「security.pki.distrust_ca_policy」環境設定を0に設定して、これらの証明書の信頼を回復できます

次の問題がパフォーマンスに影響を与えます:秘密鍵、証明書、証明書の信頼を保存するための新しいフォーマット。ユーザーのホームディレクトリまたはデータディレクトリがネットワークファイルシステム上にある場合、ユーザーは速度の低下を回避するために次の環境変数を設定することが推奨されます:
NSS_SDB_USE_CACHE=yes。この設定は、高速ローカルファイルシステムには推奨されません。

次のセキュリティ問題が修正されました:CVE-2018-12381:Outlookメールメッセージをドラッグアンドドロップすると、ページナビゲーションが発生します(bsc#1107343)。

CVE-2017-16541:自動マウントとautofsを使用したプロキシバイパス(bsc#1107343)。

CVE-2018-12376:メモリの安全性に関する複数のバグ(bsc#1107343)。

CVE-2018-12377:更新ドライバータイマーのメモリ解放後使用(Use After Free)(bsc#1107343)。

CVE-2018-12378:IndexedDB での use-after-free(bsc#1107343)。

CVE-2018-12379:悪意のあるMARファイルによる領域外書き込み(bsc#1107343)。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterprise Module for Desktop Applications 15:zypper in -t patch SUSE-SLE-Module-Desktop-Applications-15-2018-2053=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1107343

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-16541/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-12376/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-12377/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-12378/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-12379/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-12381/

http://www.nessus.org/u?c8fe4862

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 120110

ファイル名: suse_SU-2018-2890-1.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/1/2

更新日: 2019/9/10

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:novell:suse_linux:15:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox-branding-sle:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox-debuginfo:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox-debugsource:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox-translations-common:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox-translations-other:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/9/27

脆弱性公開日: 2017/11/4

参照情報

CVE: CVE-2017-16541, CVE-2018-12376, CVE-2018-12377, CVE-2018-12378, CVE-2018-12379, CVE-2018-12381