Fedora 28:php-symfony3 (2018-ba0b683c10)

high Nessus プラグイン ID 120738

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのFedoraホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

**バージョン3.4.11**(2018-05-25)

- バグ#27364 [DI]非共有サービスへの初期化されていない参照の不適切な例外を修正します(nicolas-grekas)

- バグ#27359 [HttpFoundation] MimeTypeGuesserの初期化中のperf問題を修正します(nicolas-grekas)

- セキュリティ#cve-2018-11408 [SecurityBundle] security.http_utilsを構成できない場合に失敗します

- セキュリティ#cve-2018-11406 ユーザーがログアウトしたときにCSRFトークンをクリアします

- セキュリティ#cve-2018-11385 UsernamePasswordJsonAuthenticationListener用のセッションの移行

- セキュリティ#cve-2018-11385 Guardにセッション認証戦略を追加して、セッション固定を回避します

- セキュリティ#cve-2018-11385 すべてのリスナーにセッション戦略を追加し、起こり得るすべての固定を回避します

- セキュリティ#cve-2018-11386 [HttpFoundation] MySQLがルーズモードのときにPdoSessionHandlerの無限ループを抜けます

- バグ#27341 [WebProfilerBundle]バリデーター/ダンプトレースCSS(yceruto)を修正しました

- バグ#27337 [FrameworkBundle] CacheClearCommandの誤字を修正します(emilielorenzo)

----

**バージョン3.4.10**(2018-05-21)

- バグ#27264 [Validator] URLバリデーターで厳格なタイプを使用します(mimo91)

- バグ#27267 [DependencyInjection]配列env変数を解決します(jamesthomasonjr)

- バグ#26781 [Form] transform()での、MoneyToLocalizedStringTransformerの除算の精度を修正します(syastrebov)

- バグ#27286 [Translation] Occitan複数形ルールを追加します(kylekatarnls)

- バグ#27271 [DI] ChildDefinitionでバインディングの定義を許可します(nicolas-grekas)

- バグ#27246 session.nameで無効な文字を許可しません(ostrolucy)

- バグ #27287 [PropertyInfo] parent|selfタイプヒントを解決する修正(nicolas-grekas)

- バグ #27281 [HttpKernel] ArgumentMetadataFactoryでのself/parentの処理を修正します(fabpot)

- バグ#24805 [Translation] ログアウトを修正します(MatTheCat)

- バグ #27265 [DI]共有サービスは、非共有サービスではインライン化すべきではありません(nicolas-grekas)

- バグ#27141 [Process] open_basedirが空でない場合に警告を抑制します(cbj4074)

- バグ#27250 [Session] 制限:64文字以下のGET_LOCKのキー(oleg-andreyev)

- バグ#27237 [Debug] 処理されたサイレントエラーに対するerror_get_last()の入力を修正します(nicolas-grekas)

- バグ#27232 [Cache][Lock] error_get_last()の使用方法を修正します(nicolas-grekas)

- バグ#27236 [Filesystem] error_get_last()の使用方法を修正します(nicolas-grekas)

- バグ#27191 [DI]未使用のバインディングをスローする際に以前のエラーメッセージを表示します(nicolas-grekas)

- バグ#27231 [FrameworkBundle] vagrant上のcache: clearを修正します(nicolas-grekas)

- バグ#27222 [WebProfilerBundle] [Cache] getItemsを呼び出す際の計算ミスを修正します(fsevestre)

- バグ#27227 [HttpKernel] NoConfigurationException「onKernelException()」を処理します(nicolas-grekas)

- バグ#27152 [HttpFoundation] ブレーススタイルの正規表現区切り文字を使用します(xabbuh)

- バグ#27158 [Cache] TagAwareAdapterでタグバージョンをフェッチするためのロジックを修正します(dmacher)

- バグ#27143 [Console]デフォルトでは、Symfonyのコマンドの例外メッセージから短い例外トレース行を非表示にします(yceruto)

- バグ#27133 [Doctrine Bridge] doctrineイベントリスナーの優先度を修正します(dmicher)

- バグ#27135 [FrameworkBundle]コンパイラパスでCachePoolPruneCommandに正しいサービスIDを使用します(DemonTPx)

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをFedora更新システムのWebサイトから直接抽出しています。
Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるphp-symfony3パッケージを更新してください。

関連情報

https://bodhi.fedoraproject.org/updates/FEDORA-2018-ba0b683c10

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 120738

ファイル名: fedora_2018-ba0b683c10.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/1/3

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:php-symfony3, cpe:/o:fedoraproject:fedora:28

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/6/5

脆弱性公開日: 2018/6/13

参照情報

CVE: CVE-2018-11385, CVE-2018-11386, CVE-2018-11406, CVE-2018-11408